ここに書かれていること

ここに書かれている記事の内容は世間様の話題に対して筆者《やもめのモアイ》個人意見の範疇で書いております。

あくまでも、世間という大河に投じられた一つの小石の波紋に対して筆者が感じたことを「歯に衣着せぬ」心の声を書き殴っている記事、とお考え下さい。

《やもめのモアイ》は、男未亡人、寡夫として世の中を斜に構えて視ている者であります。あくまでも参考までに、妻を亡くした変な奴の妄言とご了解くださいませね。

誰かを嫌い続けるには人生は短いし、、、

・・・エネルギーも足りないよ。

若い頃の回復力はもうないのだ。

時間も力も残りが少なくなってきているな。ってことだけはしっかり分かるようになってきた。

嫌いとまでは言わなくても、どうにも合わない人と無理に自分を抑え込んで殺して付き合うよりも他者の課題にまで踏むこみ執着するほうが罪だぜ。

さっさと離れてあげるんだよ。

できるだけ笑顔で近づかないこと。

最近、与党野党関係なく国会議員に多い(特には野党ですけどぉ)。有名人ってのは大変だ。その人間性が知れことで類は類(友)を呼び吸着し執着してくるし、ご本人は人気が出てきたと思うのかもしれない。

そういう人ほどテレビなどに出演できるらしい。

ということはオールドメディアも同じ穴にいるんだね。

そうじゃない場合はこっそり離れていく、面識がなかったことはこれ幸いと関心を失くしていく。

執着しない変なことを言っていても攻撃もしない。だって選挙になればわかること。テレビは面白いとこだけ観る。新聞?もう数年取っていない。

余談だけれど、朝方4時ころ起きてしまうとベランダでうだうだしていることがよくあって新聞配達のおばさんが車で通るのだけれど、配達の間隔が長いのだ、数件ごとに飛び飛び配達だあれだと車も走って止まってが頻繁過ぎない?読者も減ったのだろう。そのうち1社か2社潰れるな。と勝手にあそこあそこだと冷静に冷酷に非情に予想している(笑)

昨今、やっと分かってきたねん♪

だから一人でも歩いていける。

んじゃまた

そうだから書くのがまた楽しくなってきたんだね。

縮小していたカテゴリーを戻し始めたのよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする