やもめだって人生楽しくなってくるよ「人間到る処青山みつけにいく」

やもめというのもある一線を越えると、人生が楽しくなってくるんだよね。

考えようによっては怒る人もいるかもしれないけれど、あのことがあったから今があるのかもしれん。必然だったとは言わないけれど、避けられない何かがどっかで仕組まれていたのかも・・・そんなふうに考えても良いと思うのです。

若いころは「死ぬ」ということが怖いこともあるものだろうけれど、一旦認めてしまって、ある納得を自分の中ですることによって、「あ、残りの時間大切にして、その時の長さの中でなにを達成できるるか?」ということ熟考できるようになるよ。

やもめになるって言うのもね、あの世からの指令なのか、自業自得なのか、因果応報なのか前世の行いなのか、分からないけれどそこんところに一定の整理を付けるんだね。すると気が楽になるのさ。

もう1回人生をやり直しているような気分になったりしてね。

「・・・俺の精神年齢って・・・もしかして20代? いやさすがに無理があるだろ!じゃぁ30代、、、あ~それはあの瞬間から止まっていたのかも、また動き出したのかもな」

な~んて考えるんです。

でも身体の方はそのままですけどね。

しかたないです、身体は物質ですからね。

悪いところは悪いまま持病として残っているし、、、あ、でも精神は身体にも少しは影響あるんじゃないのかなぁ、とも思うのは、少しずつかもしれないけれど、良くなっていますからね。「病は警告!」と常日頃言っていますけど、油断せずに怖がらずに相対しているうちに戻ってくるみたいです。

たいしたもんですね人間って。

いまは体力かな、そりゃオリンピック選手にこれからなるのは難しいでしょうから少しずつでも動けれるようにしていこうと心がけてますけど、サボりは人生でもある人なので・・・。

「人間到る処青山あり」という

青山は墓地の意味、一旦志を決めたなら・・・そこで死んでもいいじゃないか。という処なのだけれど、もうちょっと解釈を進めてさ、「人間何処で死んでもいいじゃないか?」と考えると死に場所はどこにでもあるけれど、同時に生き場所だってどこにでもあるのだよ。

おそらくここに来る人はやもめが多いだろう。と考える。

彼や彼女を喪って、それぞれの暗い時間を過ごしてきてやっと踏ん切りがつきそうな、心の整理がつきそうな時期、もう少し進めると悩んでき続けたことにその意味を理解して納得が行くようになるのだと思うよ。

もうね、新しいところでだって生きて行けるようになる。

そんなもんさ。

だからこのブログ、けっこう気楽に書いているのです。管理人自身の日記としてもね気楽に書くことにしているのだよ。

だから、全~~~然、まったく不定期更新なのですわ。

本当はもう少し「やもめの心話」も今の人?なりたてやもめ?さんにも納得への道を見つけられるように書きたいのだが・・・

なんてな。

思ったんだよ。

病Cancer Feed

《やもめのモアイ》が体験した病の話

    • 気をつけなはれや!発ガン性物質18/04/23 いまやもめもやまい
      “  大韓航空がまた物議、今度は第1級の発がん性物質で機内を清掃 http://news.livedoor.com/article/detail/14618253/   だそうだ。 第一級って? もとも…”

    • あなたの病人の身体に触れるということ…18/04/23 いまやもめもやまい
      “自分の体験から考えます。   手の平の力って何かある。 人間というのは身体に触れるだけで、何らかの癒やしを体験できものだなぁ、 子供がどこかに身体をぶつけた時に、痛いよ痛いよと泣く。 そんなときにどうしていた?……”

    • お見舞いは、頑張れ、ではなく・・・…18/04/19 いまやもめもやまい
      “確かに私は患者である我妻から聞いたことがあります。   お見舞いに来てくださった方が帰り際、「じゃぁ頑張ってね」 帰ったあと、彼女「これ以上何を頑張れって言うのよ」   社交辞令で言っているのか? そ……”

    • フッ!と気が抜ける瞬間に病魔に入り込まれる…18/04/17 いまやもめもやまい
      “そんな気が少ししているモアイであります。   年齢や生活の環境、段階によって人というのは気が抜ける瞬間があってそんな時に病魔に入る込まれるのではないかな? って思うんです。   けっこう心配や不安が最……”

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする