やもめの再婚というのは難しいな

やもめのまんま あれやこれ

さっきここで書いた。

死が二人を分かつまで
我々は、死が二人を分かつときまで、命の日の続く限り、あなたの妻(夫)に対して、堅く節操を守ることを約束しますか?と誓って結婚をした。だから、死別をした時点でいつでも誰であっても、別な人、次の人、新しい相手を探しても良いのだ。けれども、それが

 

のだけど、やもめの再婚というのはここに書くのは・・・ちょっと難しいかもなぁ、と思った。

このブログに来る人は、まだ、いろんな意味で、まだな人が多いだろうから、それこそまだまだ考えたくもないことだろうよ。ということは自分のあの頃を思い出してみれば分かるのと、何か所にも書くのも面倒だということで、しばらくはそこで書くことにするよ。

 

 

ではまた。

《あとがき》

雪降ってんで!!1

気を付けて出かけるんだよ。

ボーっとしてないで、しゃあない、独りになっちまったんだからね。

取りあえずは独りでいくんだよ。

 

滑らないようにね。

地面に集中して雪道は小刻みに歩くんだよ転ばないように!!

なんてな。