ここに書かれていること

ここに書かれている記事の内容は世間様の話題に対して筆者《やもめのモアイ》個人意見の範疇で書いております。

あくまでも、世間という大河に投じられた一つの小石の波紋に対して筆者が感じたことを「歯に衣着せぬ」心の声を書き殴っている記事、とお考え下さい。

《やもめのモアイ》は、男未亡人、寡夫として世の中を斜に構えて視ている者であります。あくまでも参考までに、妻を亡くした変な奴の妄言とご了解くださいませね。

「立憲」ってどんな意味?

朝方書いた記事を読み直していてふと疑問に思った。

立憲民主党の「立憲」ってどういう意味?

憲法に依って立つ党、ということ?

ちょっと検索してみると《立憲 意味》こうなる。

憲法を制定すること、が一番上にでてくる。

言葉と言うものは時代とともにその意味も変えていくから、いまはもしかして立憲というのは、「この憲法はどんなことをしてでも守り抜く」という意味に変わってきたのかもしれないね。

でも、それなら最初から「超護憲民主党」にでもすれば良かったのにその方が旗幟鮮明になって良いと思うのだけどなぁ、分かりやすいし、「我々はこの憲法をどんなことをしてでも朋友のために守り抜く!日本人は黙って従え!この憲法を護るためなら日本人喜んで死ね!」と赤い旗に書いてカッコイイポスターでも作ればもっと人気出たんじゃないかなぁ・・・

なんか立憲って中途半端な気がするなぁ。

いま現在、依って立つところの憲法を守る・・・ってことかな。

人ってのは完全な存在ではないわけで、

筆者は、人類は(当然、私を含めて)お猿さんとそれほど変わらんだろうよと思っている。だから間違いもするし、悪いこともするし、故意に人を貶めることにしか頭が回らないお猿さんだってでてくるわけだ。いろんなお猿さんがいるんだよ。だからこの世は面白い、勝った負けただけが人生さ!ってなっちゃってるお猿さん、どこどこ山(学歴、履歴)の出身ですってお猿さんは本当のところの議論とかにはめっぽう弱くて逃げ回る足だけは速かったりしてね。あはは!

それに、その時代、時代で常識だって変わっていくわけで、

現実と法律の整合性が取れなくなってくる時代だってあるわけだ。

憲法というのも法律でしょ確かに国家の最上位に位置する法律でしょ? でもそれさえも時代に合わなくなってきたことを日本国民が理解しつつあるわけですよ。

そうなってきたからこそ改憲しますか? って議題が持ち上がってくるわけで、その立場によって世界情勢を正確に俯瞰、把握できているであろう政府は、おそらくこちらが正しい道筋であろうと見ることのできる舵取りであるはずの政府が言い始めたことならば、訊いてやらずばなるまい!! くらいの度量?というか判断力? 肚を持つ?そんな野党が必要なのさ。

なんとかの会みたいなただ護ってればいいんだ餓鬼ども!!!みたいな人々と一緒に死にたくはないよ。って話。

だから民主党→民進党→立憲民主党・希望の党・無所属つまり全部元民主党勢力に希望もなにも感じない。

だいたい希望の党なんてもう乗っ取られたじゃない、小池都知事って何してたの?もう負けたから知らな~~~い、では済まされないでしょうに、おそらくこの方がトップに立つ日はもう来ないと思うなぁ。(あ、名前出しちゃったけどいいか公人だしね。)

ではまたね。

言いたいこと書きました。

《あとがき》

《やもめのモアイ》はね、つまらないところでつまらないケンカ、争いはしたくないのよ。

疲れるだけだし・・・

残り少ない生命力は大事にして平均寿命よりはだいぶ手前だけれどあと10年くらいはもたせて見届けたいことがあるのさ。

だから誹謗中傷はできるだけ書かない。酔っぱらったときは危険だけれど、なんとか皮肉程度にすませたいのさ。

やっぱ今日寒い、ドテラ出す。ベランダドテラ1号

死別直後~1年以上かかること

身近な人を亡くしたとき私たちは、もうあの人がいないこと隣にいてくれないことに疑問を抱きます。

それは大切だったはずのあの人が亡くなった直後から1年で済めばまだ良い方ではないだろうか? 人によっては数年、場合によっては十数年かかるのかもしれません。

それどころか男女差はありますが、死去直後から1年以内に遺族として生きのこった夫婦の一方も、あとを追うように亡くなっていくケースが多いのだそうです。

《やもめのモアイ》も実体験したことがあります。(どこかに書きました)その数年間には「もういいかな・・・」と思ったことはります。身体の変調で「もうヤバいのかも・・・」と感じたこともあります。

この辺から、「この世には、なにかある?」「人間の魂や心にもなにか・・・」と本気で興味を持ち出したことも事実です。

 

《やもめのモアイ》はそう考えます。

 

そんな時に読み漁った本です。(Amazonにリンクしています)

その他、死別を体験したときに参考になるかもしれない知恵を探しているとき、

なかなか解決できない疑問と罪悪感で苦しいときに読んだ本

 

このブログでは、つい最近まで傍らに寄り添っていてくれたあの人、夫や妻を亡くした方への心、魂に平安な日々が訪れるその日まで、様々な筆者なりの死別という人生で最大の悲しいできごとを考察しつつ書き綴っていきます。(《やもめのモアイ》より)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※もし、あなたの心に平安が訪れたのなら、筆者にとっても幸いです。

そっとお知らせしておきます。
いま《やもめのモアイ》はここ熟々3にいます。