ここに書かれていること

ここに書かれている記事の内容は世間様の話題に対して筆者《やもめのモアイ》個人意見の範疇で書いております。

あくまでも、世間という大河に投じられた一つの小石の波紋に対して筆者が感じたことを「歯に衣着せぬ」心の声を書き殴っている記事、とお考え下さい。

《やもめのモアイ》は、男未亡人、寡夫として世の中を斜に構えて視ている者であります。あくまでも参考までに、妻を亡くした変な奴の妄言とご了解くださいませね。

「もう朝だよう」本当のところを知りたいから・・・

虚構と幻想の押しつけ時代が終わりつつあるのだな

そう考えるのは、今回の選挙での野党の体たらくが表面化して、自分のようなものにも良く、良~く見えるようになったからですな。

とうとう、その幻想で売ってきた都知事の虚構さえもが見え見えになってきたからだね。

テレビ出身の彼女にとって人々を手玉にとってきた夢を見させるだけの手法が「あれ、なにか事が進んだかい?」と気が付いてきたからだと思う。

もちろん、まだ幻想に酔っている高齢者の人々がたくさんいるけれど、その人たちも「なにか窮屈になってきた」と感じているのではないだろうか?

(高齢者の方だけをターゲットにしてくさしているわけじゃないよ。私も近いところにいるのだから・・・)

本当のところを知りたいだけなのに

マスコミ、マスメディアなども同じようなことを感じているだろうな。

あれが本当の画像だったらの話だけれど、「ネットを信じてはいけません」なんてことをしたり顔でいうバカな記者だかコメンテーターだかの画像が出てくるんだよ。

ネットもリアルの世界もいまは現実だよ。
どの世界だって個人の取捨選択の問題だ。

リアルの世界でデマを流しているのはマスコミ、マスメディアだということを認識した人々がネットの中にもデマがある。ことを承知の上で「本当のところ」を探しに行くようになったのさ。だって、テレビにしても新聞にしても「嘘が多いな」ってことも認識して、「この人々はダメだ!」とあきらめる人が多くなったの。(モアイもな)

大丈夫よ。あと10年もすれば、またその幻想に夢をみたいと願う日本人が増えるかもよ。まぁそのときまでにどのくらいのマスメディア勢力が残っているかは知りませんけどね。

ネットももっと進化していくだろう。

つまりは、真実の時代とまでは言わない。そこまでではなくて「本当のところを探る時代」と《やもめのモアイ》は考えるのよ。

それには右も左もないの、自分がいなくなった世界で、自分の子供がさ、どんなふうに生きていくのだろう?と考えたときに、ほんのちっとでもちょっとでもいいから良い時代になって欲しいと考えたときに、虚構と幻想しか垂れ流すことしかできない人々には価値を感じなくなるつまり興味を失うのさ。(と自己分析をしてみたの)

別に無理やり正せ!と促すことなんてしない。静かに関係もなにも目の前から消えていくようにする。もちろん、新聞の購読もしないね(これは他国に対しても同じ無関心になる)

なんていうか、そういう批判?確かにネットではたくさんあるけれど、日本人はそれだけではない。デモだけではなく、自分にできる抗議は?と静かではあるけれど、より積極的な行動に出るのよ。それが日本人。

好き勝手書いた。

でも、《やもめのモアイ》はそう思う。

ではまたね。

もうすぐ夜明け、いろいろとやっていてこの時間、3時30分うわぉ♪

もう寝る

死別直後~1年以上かかること

身近な人を亡くしたとき私たちは、もうあの人がいないこと隣にいてくれないことに疑問を抱きます。

それは大切だったはずのあの人が亡くなった直後から1年で済めばまだ良い方ではないだろうか? 人によっては数年、場合によっては十数年かかるのかもしれません。

それどころか男女差はありますが、死去直後から1年以内に遺族として生きのこった夫婦の一方も、あとを追うように亡くなっていくケースが多いのだそうです。

《やもめのモアイ》も実体験したことがあります。(どこかに書きました)その数年間には「もういいかな・・・」と思ったことはります。身体の変調で「もうヤバいのかも・・・」と感じたこともあります。

この辺から、「この世には、なにかある?」「人間の魂や心にもなにか・・・」と本気で興味を持ち出したことも事実です。

 

《やもめのモアイ》はそう考えます。

 

そんな時に読み漁った本です。(Amazonにリンクしています)

その他、死別を体験したときに参考になるかもしれない知恵を探しているとき、

なかなか解決できない疑問と罪悪感で苦しいときに読んだ本

 

このブログでは、つい最近まで傍らに寄り添っていてくれたあの人、夫や妻を亡くした方への心、魂に平安な日々が訪れるその日まで、様々な筆者なりの死別という人生で最大の悲しいできごとを考察しつつ書き綴っていきます。(《やもめのモアイ》より)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※もし、あなたの心に平安が訪れたのなら、筆者にとっても幸いです。

そっとお知らせしておきます。
いま《やもめのモアイ》はここ熟々3にいます。