ここに書かれていること

ここに書かれている記事の内容は世間様の話題に対して筆者《やもめのモアイ》個人意見の範疇で書いております。

あくまでも、世間という大河に投じられた一つの小石の波紋に対して筆者が感じたことを「歯に衣着せぬ」心の声を書き殴っている記事、とお考え下さい。

《やもめのモアイ》は、男未亡人、寡夫として世の中を斜に構えて視ている者であります。あくまでも参考までに、妻を亡くした変な奴の妄言とご了解くださいませね。

淫獣憑依選挙かな

この新しくなったブログでも書いていたと思うけれど、「あと1回か2回であの政党は終わるのだろうね」と書いたと思うのだけど「あと1回」が正解だったか。

今まで人様に憑依し続けることで延命を図ってきた淫獣が最終形態に達っしてまで、次の犠牲者に張り付く。
またまたまたまた、、、と感じるかもしれないけれど今度ばかりは相手の方がしたたかで強いようなので身体の一部に吸収されてしまうのではないか?

「うぇへっへへ、また憑依して乗っ取ってやるぜ」という小物妖獣が入り込んだとたんに吸収、、、(ジュポッ)

などと、菊池秀行氏の魔界都市ブルースのシリーズの淫魔獣のような光景が浮かび上がってくる。

ジュルジュルジュル~~~~ズル・・・みたいな?

(最近、改めて読み返しているのだよ)

そうそう、この小説はエロもかなりすごい、もう頭の中はグジュグジュなのである。 あの夢枕獏と並んで二大巨頭ですな。

この世には2頭しかいないはずの淫夢獣になりたい政党は、まだ形にもなっていない烏合の衆とも言えないような、自分だけは生き残りたいアメーバのように嫌らしい触手をあっちこっちに伸ばしまくってとっかかる場所を手探っているだけの淫獣なのだが、たぶん、淫夢獣にも淫魔獣にはなりきれない。

ただの淫獣か魔獣くらいのものだろう、そこで始まるのが「魔獣狩り」である。個々に各個撃破をしていくのは国民の義務です。(笑)

容赦なく」、情けもなにも容赦なく刈り取らなくてはいけないね。

今度の選挙は、個々に見るとよい、政党とか関係なく、自民党だって信用しきれるような政党ではないのだよ。

個々人の政治家を見て(見た目じゃなくてな)何をやる人か? 「何々をします」を明言している人を選ぶ選挙だ。

どこかの誰かを責めることしか言わないような、子供ケンカレベルの「なになにちゃんは嫌いだぃ・・・」程度の政治家を個々に取捨選択する。

モアイはそう思う。

また、

この選挙の跡、二大政党がある程度形が見えてきたときに、まだ分裂することにもなるだろうなぁ。形を保ち続けるというのは大変なことなんだね。

それがうまくいったとしたら、今度は公明党の去就が取りざたされるようになるな。

その結果として、自民党と希望の党で3分の2を十分超えることになったときに「公明党の意味はなんなんだ」という存在意義にも関わる問いが噴出するのだろうな。

おらぁ、そう思うだ。

なんてな。

じゃまた。

死別直後~1年以上かかること

身近な人を亡くしたとき私たちは、もうあの人がいないこと隣にいてくれないことに疑問を抱きます。

それは大切だったはずのあの人が亡くなった直後から1年で済めばまだ良い方ではないだろうか? 人によっては数年、場合によっては十数年かかるのかもしれません。

それどころか男女差はありますが、死去直後から1年以内に遺族として生きのこった夫婦の一方も、あとを追うように亡くなっていくケースが多いのだそうです。

《やもめのモアイ》も実体験したことがあります。(どこかに書きました)その数年間には「もういいかな・・・」と思ったことはります。身体の変調で「もうヤバいのかも・・・」と感じたこともあります。

この辺から、「この世には、なにかある?」「人間の魂や心にもなにか・・・」と本気で興味を持ち出したことも事実です。

 

《やもめのモアイ》はそう考えます。

 

そんな時に読み漁った本です。(Amazonにリンクしています)

その他、死別を体験したときに参考になるかもしれない知恵を探しているとき、

なかなか解決できない疑問と罪悪感で苦しいときに読んだ本

 

このブログでは、つい最近まで傍らに寄り添っていてくれたあの人、夫や妻を亡くした方への心、魂に平安な日々が訪れるその日まで、様々な筆者なりの死別という人生で最大の悲しいできごとを考察しつつ書き綴っていきます。(《やもめのモアイ》より)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※もし、あなたの心に平安が訪れたのなら、筆者にとっても幸いです。

そっとお知らせしておきます。
いま《やもめのモアイ》はここ熟々3にいます。