【ネコと暮らす家アイディアメモ】そのうち我が家のPC環境にオーディオを加えたいなぁ。(そして去っていく人々)

ここのところ音に目覚めて来たのだろうか。

気持ちよさげにネコ眠る

本当はうるさいだけなのだろうか・・・

せっかくネットからいくらでも音楽が検索できるのだから気に入った音楽はもう少し良い音と言われるもので聴いてみたい。と思うようになりましてな。

いや、そんな耳が良いわけでもなく音に拘るわけでもないもので、例えば、耳にするのは昔ながらのレコードの音に惚れ込んでいる人のようなこだわりはなくて、その歌詞であったり歌い手の声の質やリズム、その曲の背景(映画)で好きになる程度である。

最近であるならば、最先端の人には笑われるのだろうけれど今頃グレイテストショーマンという映画に惚れ込んでDVDも手に入れて
From Now On フロムナウオンをよく聴いていて、ふと気がついた「あ、これパソコンで聴いてるけど標準装備のスピーカーよりもたぶんおそらく専用のオーディオスピーカーとかあるんじゃね。それで聴いたほうが迫力あるのかも・・・」


いつもの如く「いまさら男」でござるなぁ。人より知らないことがたくさんあって自ら調べてみて、「お~」と喜んでいるのである。さらっと探してみる。

まずはアマゾンで「PC オーディオ」で検索すればあるわあるわである。


実は夏頃までに自室の改装をもくろんでいて、「ネコが好き勝手に遊びにこれて好きなところで遊んで眠れる部屋」を目指している。

キャットウォークをどうしようか?

高い所が良いよな。


そんな妄想に近いあれやこれやを考えていて、ふと思いついたことです。

だからまだまだ続くのです。



ではまたね。


《あとがき:そして去っていく人々》
そう言えば、オリビア・ニュートン・ジョンってまだ生きてる?Googleさん

あ、生きてた。失礼しました。なんか癌の罹患を告白していたんですよね。がんばっていらっしゃるのでありましょう。頑張りや!

最近、昔、目を輝かせて見ていた人たちがどんどんいなくなってさ、気になったのよ(笑)

こないだはほら、マスコミでは子連れ狼を代表作にしてたけど、モアイの中の小池一夫氏といえば・・・ あのエッロい漫画を書いていて フリーマンとかダミー・オスカーとか少年のエロい心をギュッギュと鷲掴みだったウフフな作者のご冥福を・・・