ここに書かれていること

ここに書かれている記事の内容は世間様の話題に対して筆者《やもめのモアイ》個人意見の範疇で書いております。

あくまでも、世間という大河に投じられた一つの小石の波紋に対して筆者が感じたことを「歯に衣着せぬ」心の声を書き殴っている記事、とお考え下さい。

《やもめのモアイ》は、男未亡人、寡夫として世の中を斜に構えて視ている者であります。あくまでも参考までに、妻を亡くした変な奴の妄言とご了解くださいませね。

「自民党さんってヒドイ!」国民の一人として「野党の国会における質問時間の削減」についてもの申すよ

安保改正の下準備、練習のために一度、国民投票をやってみればぁ

安倍自民が国会での野党の質問時間を削減しようとしていることに野党は反発を強める。

モリカケ! 森加計! もりかけ!!!

としか騒げない野党の低能質問に無駄な時間ばかりを浪費されている。

としか思えないような昨今の国会を変えていくためには野党の質問時間を、正常に公平な時間に戻すことは、まったく異論はない。

なにが? どこが? 暴挙なのだ?

説明しろ野党。

《やもめのモアイ》はそう思う。

なにが「国民のため」だ。

挙句の果てには、国会でプラカードを全員で掲げて、国民の情緒に訴える事しかできないような国会情景を観ていて情けない感情しか湧いてこないのだよ。

ならばよ、国民投票のシステムチェックでも国民投票の練習でも、なんでもいいからやってみろ、必ず投票する。

いいよ別に一部のマスコミが言うように「あの選挙は国民の総意ではない」というのであれば効力を発しない国民投票ということにしてもいいよ。

「あくまでも練習で~す」

でも構わない。

ネットで投票させればよい。

面白がって投票率上がると思う。

「とにかく俺たちを優遇しろ」というどっかの国の出先機関としか感じられないような野党の主張にはもう辟易な日本国民の一人してもの申しておきたい。

野党の質って選挙前と変わっていない。

質問能力が乏しい野党って、いまの日本に本当に必要なの?

色がすこし分かりやすくなって「イイね!」なんて考えていたけれど、こんな正常な元々の形に戻しましょうね。っていうところにまで文句をつける野党・・・

必要なの?

野党の中には民主党、民進党、立憲民主、希望の党内の元民進党その他の下らない質問しかできない野党以外の全うな質問ができる野党政党ももいるだろうから、なんなら信任投票的な投票でもいいよ。

その投票数によって質問時間を配分するとかね。

あの人たちにはムダ!!!

と《やもめのモアイ》は思うのだよ。

モアイ、少し怒っています。

新たに出発して色の濃い野党を目指すのであれば、乾坤一擲のもの凄く濃い質問を与党にぶつけたる。くらいの覚悟や矜持が必要なのに、ま~だ負け犬の遠吠えするの?ク~ンク~~~ンってか? だから猫が人気になるんだよ。犬に謝っれ!!!

(何言ってんだ俺・・・)

ではまたね。

《あとがき》

最近気が付いたこと、、、

こういう季節の変わり目の時期には全館空調は狂う、システムが追い付かないのだろうけれど、、、暑い、、、

寝てても暑い!!

それとも寒冷地仕様の身体が追い付いていない?

ん~~~どっちだろう。

なんで?を見つけることができた本

なぜか?を見つけた本

死別後というのは、バランスがまったくとれない足場の悪い巨大な《?》という文字のてっぺんに乗っているようなもの、なぜ? なんで? どうして? 疑問ばかりだ。

その疑問、少しずつで良いのでこれからの自分の人生から取っ払っておきたいと思ったときにオススメする。

その他の死別の本

大河に一滴

《大河に一滴》を初めて読んだそのあとに♪

本当はこのテーマだけでひとつのサイトを形成できる。と考えているモアイですが、いまはもう少しここに間借りさせていただきますよ。

もう一つの案件が落ち着くまでなのです。


ちっとは子供たちに良い世界を遺してやろうぜ!

そういうことだ。哀しみはもう十分だ。

誰が汚したのか、どの世代がやっちまったのか?そんなことはどうでも良い。我々がいなくなった世界が少しでも、ちょっとでもいいから気持ちの良い時代になるようにしていくことが、いまを生きて思考し行動できる世代の責任なんじゃないか?って思うのだよ。後世に名なんか残さなくてもいい、今を生きている私が私らしくできることをやって逝く。

来世はあるかもしれない、ないかもしれない。どっちにしてもこの世は今生の1回しか生きられないのだから楽しんで、面白がって、最期まで行ったろ♪

って思うんだよ。

だから、この《大河に一滴》は続けるよ。

この方たちはきっと大河に1万滴も落としてくれているね。

特に「米中激戦」ってトムクランシーの米中開戦を思い出した。「日米開戦」「米朝開戦」もあったりするんだよ。あれもなんかリアルだなぁ戦争ってこうやって起きるのか~って感じたもの。なかなかだ。

そう考えるとね、丹念に冷静に世界情勢を視ている人たちの分析ってすごいと思っているのさ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする