「終活ツアー」というニュースを見て、、、

あの、

実際に棺桶に入ってみて、その感触を確かめる。というイベントを見たんですけどぉ、

いや、死んでんだから感触も何も関係ないだろう、と思ってしまってごめんなさい。

いやぁ、死ぬということは、その感触でさえなくなっているはずなのに感触を確かめておくって言うのもなんだなぁ、と思いましてな。

この世に未練が多すぎじゃない?

そんな風に感じました。

間違いなく生きているうちにしか確かめられないかもね。

すっごく、大変なことのようにとらえているのだろうけれど、どうもなぁ。

その後?、自分が死んだあとは、生きのこっている人にすべてを任せたいものだ。

正直、そう思いました。

チャンチャン!

ではまたね。

病Cancer Feed

《やもめのモアイ》が体験した病の話

    • 気をつけなはれや!発ガン性物質18/04/23 いまやもめもやまい
      “  大韓航空がまた物議、今度は第1級の発がん性物質で機内を清掃 http://news.livedoor.com/article/detail/14618253/   だそうだ。 第一級って? もとも…”

    • あなたの病人の身体に触れるということ…18/04/23 いまやもめもやまい
      “自分の体験から考えます。   手の平の力って何かある。 人間というのは身体に触れるだけで、何らかの癒やしを体験できものだなぁ、 子供がどこかに身体をぶつけた時に、痛いよ痛いよと泣く。 そんなときにどうしていた?……”

    • お見舞いは、頑張れ、ではなく・・・…18/04/19 いまやもめもやまい
      “確かに私は患者である我妻から聞いたことがあります。   お見舞いに来てくださった方が帰り際、「じゃぁ頑張ってね」 帰ったあと、彼女「これ以上何を頑張れって言うのよ」   社交辞令で言っているのか? そ……”

    • フッ!と気が抜ける瞬間に病魔に入り込まれる…18/04/17 いまやもめもやまい
      “そんな気が少ししているモアイであります。   年齢や生活の環境、段階によって人というのは気が抜ける瞬間があってそんな時に病魔に入る込まれるのではないかな? って思うんです。   けっこう心配や不安が最……”

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする