「マーゴット・キダーさん 死去」という話から・・・あのときのあの瞬間の「死の覚悟」を思い出した

スーパーマンのヒロイン役死去。

そんなニュースを見た時に

エイミー・アダムス 画像

マンオブスチールのときの彼女の顔が浮かんだ。「え、まだ若いだろうに・・・」と思い出したのだけれど違っていた。

こちらの方だった。そういえば、と思い出した

「スーパーマン」ヒロイン ロイス・レイン役のマーゴット・キダーさん死去
マーゴット・キダーさん(米映画「スーパーマン」シリーズのヒロイン演じた女優)13日、米西部モンタナ州の自宅で死去、69歳。死因などは不明。AP通信などが報じた。&

マーゴット・キダーさん 死去

69歳、早逝なのなのかどうか微妙なところだなぁ、と思いつつ、寿命が伸びたからかなぁ、30年ほど前だったら「大往生」なんて言われたのかも、今なら80何歳?でやっと?

「100年寿命が時代が来る!」みたいな言葉まで耳に入ってくる時代・・・

自分だとあと十何年・・・二十年と指折り数える。

え!30年?

嫌だ、30年は嫌だ!!

ぐわぁ、、、

そう思うのだ。

あと10年って覚悟して生きてんのに、さらに2倍も3倍も長く生きたくないぜよ。

どっちにしても一生懸命生きよう、あの時に死ななかったし、、、(自殺の話ではありませんよ《やもめのモアイ》は絶対にしないことに決めている。。。)

そうそうあの頃って、妻に先立たれた夫は早死にする。と今でも言われているけれど、

その話を憶えていて、実例も身近に体験していたものだから自分も・・・

と覚悟していた数年があったのだ。

覚悟というよりも、一種のあきらめだったかも知れない。

ただ、広義に捉えれば、後追いみたいな状況だから、、、一種の、、、かな。

しかし、

筆者の場合は、

あれ、死なんなぁ・・・

って思い始めたら、やばい、まだ先がありそうで・・・

そんな数年を経験したもので・・・

《やもめのモアイ》は自分を評価してみると、かなり、考え方が変わっちゃったんですね。

そのために変なことをお話するときもあるかもよ。(ここで自己弁護しておくのだ)

さ!

やることをやっておかねば。

ではまたね。

今日は、暑いね。暑いよね。

「死の覚悟」の話、そのうち詳しく書こうか。

それは彼女の発病が確認された日に始まったんだよね。

そのうち書くかな・・・

病Cancer Feed

《やもめのモアイ》が体験した病の話

    • 気をつけなはれや!発ガン性物質18/04/23 いまやもめもやまい
      “  大韓航空がまた物議、今度は第1級の発がん性物質で機内を清掃 http://news.livedoor.com/article/detail/14618253/   だそうだ。 第一級って? もとも…”

    • あなたの病人の身体に触れるということ…18/04/23 いまやもめもやまい
      “自分の体験から考えます。   手の平の力って何かある。 人間というのは身体に触れるだけで、何らかの癒やしを体験できものだなぁ、 子供がどこかに身体をぶつけた時に、痛いよ痛いよと泣く。 そんなときにどうしていた?……”

    • お見舞いは、頑張れ、ではなく・・・…18/04/19 いまやもめもやまい
      “確かに私は患者である我妻から聞いたことがあります。   お見舞いに来てくださった方が帰り際、「じゃぁ頑張ってね」 帰ったあと、彼女「これ以上何を頑張れって言うのよ」   社交辞令で言っているのか? そ……”

    • フッ!と気が抜ける瞬間に病魔に入り込まれる…18/04/17 いまやもめもやまい
      “そんな気が少ししているモアイであります。   年齢や生活の環境、段階によって人というのは気が抜ける瞬間があってそんな時に病魔に入る込まれるのではないかな? って思うんです。   けっこう心配や不安が最……”

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする