《情熱大陸》彼は「やる!」って決めたんだね

情熱大陸を見ていて思ったことだ。

彼は、

「やる!」

「必ずやる!」

そう決めたんだね。

そう感じた。

ラーメン屋さんの話だった。

彼がある日心に決めた師匠は少し早めにこの世を去ってしまった。

それでも、尊敬の念に変わりなく、

自分のラーメンを創り上げる意思を保ち続けていく「彼の物語」

他者の目というか、すこし皮肉っぽく見ていればもしかしたら滑稽かもしれない。

しかし彼は揺るぎない。

他者の目なんてものは気にしていない。

自らが「やる!」と決めた通りに生きていく。

ここのところ思うのは、

人間、もしかたら。

思った通りの人生になってしまう。のではないか?

頭に浮かんだ思いを忠実になぞった人生を歩むようにできているのではないか?

思ってしまった通りに生きてしまう。

良いも悪いも、なのだ。

けっこう、その辺、確信が湧いてきている。

彼は、そうではなく

そこが羨ましくもあり、少し嫉妬もした。

筆者、死別を体験する前だったら、そんな思いはできなかっただろうことを考えるとありがたい。

おそらく以前であれば湧いてこなかった、もっと乾いていたように思う。

まだ、間に合うと思う。

いまからでも始めるのだ。

人間、年を取ると涙もろくなる。という。

動けなくなる身体や心が感傷的になるとも言われたりするけれど、考えられるけれど、

もしかしたら、そうじゃないかもしれないよ。

いいじゃないか、まだ瑞々しい感性が残っている。

まだ間に合う。

そういえば、ふと思いついたのだけどこのブログには、

「死後の話」というカテゴリー がある。

これは、死んだ人間のことを書いているのではなく、

生きている人間、生きのこった(人によっては「生き残ってしまった」)遺族としての考えを書いている。

筆者の考えでは、

「亡くなった人を偲ぶ」ことも大切だけれど、縛られてはいけない。

自らに枷や軛をしてはいけない。

いま現在、生きいるものが優先なのだ。

そう確信している。

だからなのかもしれないけれど、自分の中でいまだ曖昧だった事柄を確信に近づけてくれる。彼のような話に大いに興味をそそられる。

そう、そそられる、のだよ。

異性にそそられるだけの人生でもないのだ(笑)

なんてな。

《あとがき》

今日は1日雨、

そのせいなのか、すこし体調が良くない・・・

何かが足りないような気がする。

何だろう?

これかもしれん 笑うなよプププ

冗談だよ。

しかし、お世話になるかもしれん、そんな日々がまた来るのか?

春? ねえ春なの? もうちょっと?

この記事はここまで♪
さて!
今日も元気で活きてこうぜ