死別のやもめの罪

やもめの心話

大罪とするかどうかは本人次第だろう。

 

長文になりそうなのでタイトルだけを覚書に入れておく、しばらく書けそうもないからね。

この記事はここまで♪
さて!
今日も元気で活きてこうぜ