「生ききる」という納得

やもめの心話

遺されたものの、、、

 

意地、、、かな。

 

生ききったろう、って。

 

あ奴ができなかった人生の面白みを全部、体験してやろうかいな。

 

そう思えるようになったら、それが一番良い結果なんじゃないかいな?

 

 

 

 

筆者はそう思うのだ。

やもめ?死別者?遺族?

おそらくいくつかの納得する方法があるんだと思う。

 

どんな納得でもよいと思うのだ。

他人にどうこう言われる筋合いもないだろう。

それがあなたの選択であるならば、それでいい。

 

そう思うよ。

がんばれや♪

 

ではまた

この記事はここまで♪
さて!
今日も元気で活きてこうぜ