Otoko to Onnaで最近ちょっと思うんですけど

ムリに誰かと付き合わなくてもいいかなって・・・

体温としてのぬくもりが欲しいときはるけれど、それの比率ってどうやったって低くなってくるものでそれが「枯れる」って意味かもね。

なんかあとひとつふたつ到達することができたら、「あ、もう死んでもいいや」って思うのかもしれないし、もしかしたらまた次のしたいことが浮かんでくるのかもしれないけれど、それもいいのかも。と思うようになってね。

このあいだ決めたんです。

あと100回って、、、

なにが100回だって?

あれです、

男と女のあれですよ。

生きているうちにはあとそんなもんなんじゃないか?って思うんです。体力もそんなないですし、死別してから初めてのときなんかね。ほんとに人生初めての時のような思いがしたものですけどあんまり久しぶりだったものですから元気の出し方を忘れてしまったみたいなんですよ。

んなもんだから手伝ってもらったりしてね。

(その人読んでねぁだろうな・・・)

あとで二人で大笑いしたもんです。

(久々のそのお相手が良かったんです。感謝であります。幸せになっておくれよ)

そのときはEDかと思ったんですけど、どうも違ったらしく、回復に向かっていることを日々、実感中なわけで寝起きに確認したりして、「お~今朝も元気だ、・・・が・・・」と感じるわけです。

だから、書いてんです。朝から書いているんですけど、少し気を使って暗くなったころに出すようにしますよ。そうあれと同じですな。

ではまたね

いやぁ、独りになるってことはそう言うことだと思うんです。

自分の体調さえも心の在り方もどっか歪んできたりしてね、気が付くのに時間がかかったりしてさ、ある日、「あ、どっか壊れてる」ってわかるんですね。

いろいろでもたくさんでも足掻いてみたらいいんですよ。

白鳥ばかりじゃなくたってガチョウだってアヒルだって水の中では足掻いてんです。

男性のお悩みは必見

死別直後~1年以上かかること

身近な人を亡くしたとき私たちは、もうあの人がいないこと隣にいてくれないことに疑問を抱きます。

それは大切だったはずのあの人が亡くなった直後から1年で済めばまだ良い方ではないだろうか? 人によっては数年、場合によっては十数年かかるのかもしれません。

それどころか男女差はありますが、死去直後から1年以内に遺族として生きのこった夫婦の一方も、あとを追うように亡くなっていくケースが多いのだそうです。

《やもめのモアイ》も実体験したことがあります。(どこかに書きました)その数年間には「もういいかな・・・」と思ったことはります。身体の変調で「もうヤバいのかも・・・」と感じたこともあります。

この辺から、「この世には、なにかある?」「人間の魂や心にもなにか・・・」と本気で興味を持ち出したことも事実です。

 

《やもめのモアイ》はそう考えます。

 

そんな時に読み漁った本です。(Amazonにリンクしています)

その他、死別を体験したときに参考になるかもしれない知恵を探しているとき、

なかなか解決できない疑問と罪悪感で苦しいときに読んだ本

 

このブログでは、つい最近まで傍らに寄り添っていてくれたあの人、夫や妻を亡くした方への心、魂に平安な日々が訪れるその日まで、様々な筆者なりの死別という人生で最大の悲しいできごとを考察しつつ書き綴っていきます。(《やもめのモアイ》より)

病Cancer Feed

《やもめのモアイ》が体験した病の話

    • 気をつけなはれや!発ガン性物質18/04/23 いまやもめもやまい
      “  大韓航空がまた物議、今度は第1級の発がん性物質で機内を清掃 http://news.livedoor.com/article/detail/14618253/   だそうだ。 第一級って? もとも…”

    • あなたの病人の身体に触れるということ…18/04/23 いまやもめもやまい
      “自分の体験から考えます。   手の平の力って何かある。 人間というのは身体に触れるだけで、何らかの癒やしを体験できものだなぁ、 子供がどこかに身体をぶつけた時に、痛いよ痛いよと泣く。 そんなときにどうしていた?……”

    • お見舞いは、頑張れ、ではなく・・・…18/04/19 いまやもめもやまい
      “確かに私は患者である我妻から聞いたことがあります。   お見舞いに来てくださった方が帰り際、「じゃぁ頑張ってね」 帰ったあと、彼女「これ以上何を頑張れって言うのよ」   社交辞令で言っているのか? そ……”

    • フッ!と気が抜ける瞬間に病魔に入り込まれる…18/04/17 いまやもめもやまい
      “そんな気が少ししているモアイであります。   年齢や生活の環境、段階によって人というのは気が抜ける瞬間があってそんな時に病魔に入る込まれるのではないかな? って思うんです。   けっこう心配や不安が最……”

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする