乱れた心を静めたいときにやっていること、ならばこんなのはどうだろう・・・包丁研ぎはいかが?

やもめの心話

心が千々に乱れるときがある。

 

時には何日も何週間も、

そりゃぁ仕方がないよ。

 

理由は色々あるのだけど、ここに来る人は死別が多いのだろうな。

あの瞬間に、あなたは魂の半分うぃ持っていかれてる。

こういっても良いよ。

今までの生きてきた人生の時間をかけて育ててきた心もほとんどどこかに吹っ飛んでしまっているのですよ。

 

そんなときにはね、

新しい習慣を始めるといいですよ。

いままでやってみたいなぁ、と、いつかは・・・と望んでいたこと。

始めるのです。

 

毎日、行えることがいいですよね。

一心不乱に打ち込めるようなこと。

新しいことが良いです。

 

仕事じゃなくてね。

仕事だと、

「なんのためにこんな仕事やってんだ?」

そんな疑問が湧いてしまうときがある。

だから、新しいことは仕事に繋がろうと繋がる可能性がなくたって良いのです。

 

一心不乱に熱中できるもの見つけてくださいね。

 

筆者モアイはね。

一つは包丁研ぎです。

包丁研ぎってのは砥石というものを使うのです。

最近はなんかこう、こういうものもあるんですよね。

でもね、どうも研いだ気がしなくて、モアイは昔ながらの砥石を使うのです

昔はね、こういう滑り止めのゴムとかついていなかったんで、下に布を敷いてね、滑らないようにしてシュコーシュコーってやるんですよ。

シューコーシューコー(のがあっているかな)

シャカシャカシャーってね。(笑)

 

子供のころ興味本位でやっていたことがあったもので、包丁が切れなくなってくるとムズムズしてくるのです。

たいてい気が付くのは鶏肉を切っているときかなぁ気が付くのは、皮がねスーって切れないと、そろそろだな・・・

 

家にある包丁を全て研いだころには、サッパリするんですよ。

魂を洗いなおしたような気分?

スッキリする。

 

我々やもめはさ、自分で自分をコントロールするしかないんだよね。

もうね会話の中でなにかを気づかせてくるような人はもういなんだからさ。

 

ね。

 

ではまたね。

 

《あとがき》

来週、また寒波がやってくるらしい

あ、そういえば包丁の研ぎ方動画たくさんあるよ慣れていない人は観てから始めるのも良いかもよ。