過去を探さずにはいられない遺された人々

あの世もこの世も不可思議で・・・

最後のビデオがあって、

 

その中身は、

 

子供が小学校の全国大会に出場したときのビデオだ。

 

私が撮ったテープのカセットの時代のもの。

 

だから、ビデオカメラはいまだに残している。(確かSONY)

 

 

引越で行方不明になった。

テープの方がだ。

たのテープと一緒にしていた箱ごと見当たらなくなった。

 

「まぁどっかにあるだろう」とたかをくくって忘れていたけれど、

まだ建てたばかりでそんなに大掃除をするところもあるまいよ。

などと嘯いていて昨年の暮れに掃除をそっちのけで探しに突入した。

 

 

みつけた。

確か、特別に紙にくるみ輪ゴムで止めていたはずだったのだけれど、経年劣化はしかたがない。全部外れていた・・・

 

こういう遺影というか、最後の映像というものはその本人にとっては何ものにも代えがたい記憶の証明。

見て確認したいようなしたくないような、したくないようでいて見たい。

今回に限って言えば、そのテープで間違いないか確認しなければいけない。

複雑な気持ちでカメラを電気に繋ぐ。

 

何本も何本も、

記憶を探りながら、イヤ、この試合は地方のだから違う・・・などと独り言。

何本も何本も・・・

 

おそらく彼女は見て欲しくなかったのかもしれないな、だって最後まで隠れていたようだ。

のこり数本のところで私の覚悟に負けたようだ。

そういえば生前もそんな付き合い方だったかも(だから後悔も深かったのかもなぁ、そのうち書くよ)

 

「あ、これだ」

 

また書く(続きはここで)

テレビで亡くなったおばあちゃんの声を聴きたい!という話題をやっていたので思い出したのだよ。

 

 

あの世もこの世も不可思議で・・・
その瞬間から始めるべきことがある。

葬儀のこと

《死別》とは人生でもっとも心に衝撃を受ける出来事であります。

しかし、亡くなったその瞬間から、すぐにでも始めなくてはいけないことがあります。否が応でもです。

本当は一度経験した人はその大変さを知っているので少し前から準備を始めるべきだと考えるようになりますが一方初めての人は「まだ生きているのに・・・」と嫌がるのです。なにかこう裏切りのような気がしてしまうのかもしれませんが、ちゃんと送ってあげるために一概に悪いこととは言えませんよ。

その経験者の一人としてお伝えしておきます。

 

葬儀のこと、

《やもめのモアイ》が知っている範囲で紹介しておきます。

どういうものか?ということを知っておいてくださいね。

 

よりそうのお葬式 格安葬儀 (旧シンプルなお葬式)おぼうさん便

葬儀レビstory バナー

しっかり送ってあげること。筆者は故人に絶対に恥をかかせたくなくてものすごく集中してこなした覚えがあるので少し紹介できるところを記しておきます。上手に活用することです。

故人に最期にしてあげられることを淡々と間違いなく進めていくのです。

いい葬儀 バナー

墓はどうしようか?

日本最大級の仏壇ポータルサイト「いい仏壇」

ライフリセット
全国対応!遺品整理の無料見積ならコチラ!

お別れ会のやり方、服装、司会、式次第、会場探しの相談「Story」

やもめのまんま つらつらと・・・