言葉に気をつけろ!!

心の中ではまだ死んだことを認めたくない?

諦めていない?

そのへんにいるような。

魂だけでもそばに居てくれるような気がしているかもしれないですね。

そんな心の状態のときに周りにいる人からの一言というのは心に刺さる、簡単に刺されて血だらけです。ズタズタです。ボロボロですよ。

だから、健常者と言いますか死別の経験のいまだない人の考えなしの一言は痛いのですよ。

 

そうなると自然と接したくなくなるのです。

徐々にフェードアウトしていくようにお付き合いを控えていくのです。もっとひどくなると決別です。さらには絶好です。お付き合いしているメリットなんかよりもその刺さる言葉を取り除く、消し去ることのほうが重要に思えてきて、絶好です。

 

それで良い、と覚悟します。

そういうものです。

私自身がそうでしたので正直に書きます。

いまはまた少し考え方変わりましたけど、絶好までいったら復活は難しいですね。

 

なんてことをフト思い出しました。

書き始めると書き続けてしまいます。

 

最近ここのところこんなのにハマっています。

嫌われても避けられてもいいじゃない! そんな話です。