やもめのモアイが再び立ち上がるために必要だったこと。

やもめさんは無理に立ち直らなくても良いんです。

と《やもめのモアイ》は思うんです。

ゆっくり心の中で納得するまで故人との会話を続けることが良いのです。

 

でも、そうしたいと思い始めている人にはヒントになれば、と考えるので書いておきますね。

 

昔、やっていた好きなことをもう一度やってみる

人の好みは様々でそれこそ個人差がありますけれど、結婚し子供が生まれ家庭と子育てによって、なんとなく遠ざかってしまったこと、止めてはいないけれどどうしても時間が取れなくなった好きなこと。

もちろんあなたは後悔していないでしょう。だって家族のためだったのですから。

いま、やもめになって、子供も手がかからなくなり、場合によっては独立して、本当に独りになった今こそ、もう一度「やってみたい」と思うようになったことがあるのではないでしょうか?

それを始めるのです。

 

 

 

これ特に考えて考え尽くして始めたことではないのですが、なんとなくなのですが、昔、読んでいた本をもう一度読んでみたくなったのです。