死生観・死別観

Moai's Essay

【死別観】若いころに身近な人との死別を経験すると麻痺しがちなこと

厭世観といったほうが良いのかもしれないのですが、「人は死ぬもの」という言葉が心にどっかりと根を張ってしまってどうにもこうにも動かすことが困難になって行く。 初めての体験というものは人の生涯に強い影響とともにその光景は何度も頭で反芻する...
Moai's Essay

《樹木希林さんの訃報から》せっかく同じこの世に生まれてきたんだから・・・君たちもな

「“樹木希林”を生きる」というNHKを観ていました。 なんだろうなぁ、、、 見事な生き方をした人なんだなぁ・・・って 「身体を使い切る」 そんなキーワードを知りました。 なんか末期の癌なのにあまり痛み止めを使わないとか...