真っ暗な先に小さな灯りが見える

真っ暗な先に小さな灯りが見える

様々な負の感情に苛まれてきた人にも、「あれ? これって…」そんな心持ちになって、少し今まで考え続けてきて固定観念のように心の真ん中にどっかり根を下ろしていた考えが、ちょっと別な方向から眺めてみると意外と弱いようで、押し方次第でコロンといきそうな感じ。

 

そう故人は死んでいるのです。
心の中ではまるで生き生きと対話ができていたのかもしれないけれど、自分も死ぬまでそのまま続けても良かったのだけど、ちょっと違和感をお持ち始める。

私たちは生きているのです。

始まりますね。

 

 

死別者の心理段階

幸せになりなさい

人間は1日に2万回ほど思考をするのだそうだ。 死別直後というのはおそらく80%くらい故人に向けているのではなかろうか? と思えるくらい辛いものではないだろうか? 助けられなかった後悔 自分だけ生き残ってしまった罪悪感 こ...
死別者の心理段階

やもめさんには「救われた」という確信が必要なんだよ

罪悪感がどうしても遺ってしまうからね。 ほんとうはそんな感情いらないんだよ。 でも、 遺っちゃうんだよ。 だからその感情を払拭? しないまでも納得できるような理由を探してしまう。 その???を見つけないと納得できなかったり...
死別者の心理段階

あの衝撃から、よくぞここまで辿り着きました!やもめは新生する

よくぞここまで。そういう話。   筆者としては、褒めて差し上げたいです。   せめてご自分を褒めてあげてください。 「あなたは偉い!」   「さて、世の中をもう一度じっくり眺めてみよう!!」   たぶんですが、この...