やもめの再婚

やもめが再婚を決意するときって、たくさんのもの凄くたくさんの影響を考えて考えすくした上で「再婚してもいいかな・・・」と考えているはずなんです。

「…かも知れない」(Moai's Essay)

夫婦死別のやもめが再婚とか次の伴侶とかを考えたときに必要なこと

とりとめのない死後問題考察です。 ブログ管理人moaiはですよ、離婚したことはないわけです。もしかして彼女がそのまま元気で生きていてくれたら離婚で捨てられるってことはあったかも知れませんね。 その後に亡くしたことの罪悪感などを考えつつ調...
「…かも知れない」(Moai's Essay)

「先に逝きたいかぁ」男は50過ぎたら価値がないことを50代の女性ははっきり気がつくのかもね

どこの誰でも生物であるならいつか必ず迎えることになる死。 夫婦であるならどっちが先が先に逝きたいか?という問が心の中に沸き起こるはず。 今回、そんな問を投げかけた機関があったようだ。 人によっては「男は50過ぎたら...
「…かも知れない」(Moai's Essay)

やもめの再婚は、ゆっくり歩き出せば良いんだよ

「悩み」と簡単に言いますけど、そんな簡単に言ってんじゃねえよ!!とお怒りの方もいらっしゃるかも、でもお伝えしておきますと《やもめのモアイ》も同じですよ 自分にとってもっとも身近な人間を喪ったのですからその悩みと言われるものは、深いんですよ...
「…かも知れない」(Moai's Essay)

独り寝が寂しくて死別したやもめが再婚したくなったら始めることをつらつらと…

なんというか、そこのところがなかなか整理がつかないのではないですか? 「私だけ幸せに?」そんな罪悪感が大きい。 周り(他の遺族、両方の親戚、近所や世間の関係者)などの目を考えると躊躇してしまうのではないでしょうか? しかし...
「…かも知れない」(Moai's Essay)

男やもめの再婚条件の一つ「お付き合いするならこういう人」ですね

《死別やもめのモアイ》は男やもめでありますが、女やもめ、未亡人さんとの交流も少しはありまして、その方を話をしていて感じることが多々ありまして。 それはこの未亡人さん、本人も望んでおられるし、話していてとても相手を気遣って言葉を選んでい...
「…かも知れない」(Moai's Essay)

やもめ再婚のコツ!? をつらつらと・・・年代別考(令和元年5月編集)

「それでいいんじゃないか?」と思うようにもなり、「もしもいい人がいたならば結婚というものを考えても良いかも知れないね」とそれほど興味がなくなってきている。いなければこのまま生涯やもめでも結構だ。そんな心持である。