「負けられない戦い」じゃないよ!オリンピック「ニッポンチャチャチャ」と言いたいんだけど・・・

なんか《やもめのモアイ》の人生史上最も危険で最低のオリンピックになりそうな冬季オリンピック。

そこに日本の選手も行く。日本人として心配で心配で・・・という日本人も多いだろう。

 

怖いな。と感じていたのは、食事。

料理に何を入れられるか分かったものではない。それは彼らの日本人に対する考え方から、日本人を貶めるためならなんでもやる。そういう姿勢が見える所業はいままで彼らの政府、要人、政治家だけでなく散々見てきた。

 

しかたがない、彼らの考えだし、選択だし、決断だし、、、そのまま滅ぼうとどうしようとあくまでも彼らの課題。

日本人がどうのこうの言い募ることではないのだ。

 

しかしそれでも「そうもいかないんだよ!」と分かっていても間を取りながらバランスを考えつつ付き合わなくてはいけない苦労人方(現日本政府とか?)たちの背中に手だけは添えてあげたい。

そう、《やもめのモアイ》は考える。

 

(本当に真実かどうかは確実ではないかもしれないけれど、《本当のところ》ではあるだろう。と想像することができるくらいの学びはしてきた)

 

しかし、日本の選手団には専用の食材と共に調理人を同行する。ということを知り安心もした。

 

世界最大のスポーツ大会で、その他の要因への関心興味が湧きに沸いてしまうオリンピックは本当に珍しい。

 

このオリンピックは《負けられない戦い》よりも、《どう無事に帰ってくるかの闘い》のほうが重要なのかもしれない。

 

その意味では関心を持ってテレビで見るよ。

ネットもね(こっちの方が情報早いかもね)

 

 

ではまたね。

 

《あとがき》

今日はさっきまで0℃だったっす。

でもこの温度だと空気もひんやりして澄んでいるからいいな。

沈黙できない日本人

固定観念を外して「人生いろいろあるし・・・」と考えると思考内容にも柔軟性が出てくるように思います。

有機脳硬化症を発症しないように・・・常識も非常識も日々変化していくもので、昨今また喋りたくなってきた日本人です。

この場所で、週休5日で、書捨てる
《やもめのモアイ》

ムクムクと、ときに書かずに、いられない

沈黙の日本人
やもめのまんま つらつらと・・・