あの国への信頼は完全に失墜したけれど、では日本政府と与党自民党は信用できるのか?

結論を先に書くと与党に関してはまったく信用できない。
また何かを妥協し始めたのだろう?
だから支持できない。

ときたま書くこの沈黙の日本人では与党自民党は概ね信用のおけない党である。ということを書いてきた。

唯一、なんとか支持できそうなのは現政権だけだろうとも書いている。前回の総裁選の為体を見ていてもオールドメディアが激推しの後継者候補には期待できそうもないことがわかった。

ただ、まだ見えていない、候補に挙がらなかった人々がまだ数人いるようなので、そこに切なる望みを繋いでいるのみだ。

こんな記事を見つけた引用させてもらおう。

2ページ目

まともじゃない国・韓国に断固たる制裁を 約束を平気でひっくり返す (2/3)
私が今、非常に心配しているのは、一向に世情が安定しない韓国という国の存在だ。政権が変わるたびに政治姿勢がころころ変わり、その時々で、反米と親米がすぐに入れ替わる。反日ということだけはブレないが、支持…

3ページ目

まともじゃない国・韓国に断固たる制裁を 約束を平気でひっくり返す (3/3)
私は日本という国は世界で最も律儀な国だと思っている。韓国との関係においても、国際法的にはすべて解決済みにもかかわらず、韓国に何度も支援の手を差し伸べてきた。慰安婦問題についても、村山内閣時代の95年、…

まったくの同感であって、なんら異見は見当たらず共感まで感じるような記事。さすがの方だな。と・・・

こう思う。

これは日本として全くの正論だと思うのだが政権与党が過去行ってきた不作為の行為の影響もあり毒されたままの日本社会ではこんな正論を声高に主張することができなかった。いつも何かに誰かに監視され組織的に潰された人々はたくさんいるだろう。人によっては命まで取られた人も・・・

良い時代になったと思う。

なんでもかんでも日本が正しいとは思わない、政権与党がずっとあんな感じだったのだ。しかし、おそらく多くの日本人が誰しも「おかしいよね」「ひどいよね」「いままであんな国だったの?」「そんな国と、どうして異常ともいえる気持ちの悪い愛着が続いたの? お金なの利権なの? 侵略なの?」「それが与党だったの?」

「仕方なかったんだ国民よ!」で済ますつもりなのか?

それが政権与党なの?

ネットを手に入れて「本当のところ」を知った日本の国民である日本人の多くがその欺瞞に気がついているのだよ。

私の子どもたちがもっと社会の中心になってきたときになにか良いことがあるのだろうか?

数年前に書いたことがある。
「引っ剥がすしかないのかもしれない」と多少の一時的な不利益があったとしてもたとえ彼の国と紛争が起こったとしても今のうちに引っ剥がしておくことが大切なのだろう。
この考えは変わっていない。

今のうちなんだよ。

日本人は国民として尊重されていないのかもしれない。

おとなしく文句も言わず働き詰めに働かせても我慢する国民性? 
そのような状態のまま放置されていることを奴隷というのだよ。
日本人がその本当のところに気が付き始めたのだよ。


このブログでは何度でも書くけれど、「この私ごときでも気がついたのだよ」そう気がついたあとに多少の独学はしたさ、だからといって今活躍している「本当のところ」を教えてくれた方々、その何年も何十年も真実、正しい知識を追求してきて、いま注目されている人々と同じようにコメントや批評しようとも思っていない。(もちろん、まだまだだ。)

おかげで、元凶はどの辺にあるのか、本当のところはどこなのか?
がよくよく見えるようになったことは間違いない。

だから”沈黙の日本人”なのだよ。

それでも沈黙の日本人だって黙っていられないときがあるのだ。


真実がどうこう、正義か否かということよりも、
本当のところはどこにあるのか?ということにも気がついてきたのだよ。

だからこそ戦後、もっとも長く政権を担ってきた政党への疑問も湧いてきた。

  

私たちの国への侮辱にたいしてどう対処するのだ?
いい加減な対応は日本人に大きな喪失感を植え付け、将来の激発の種を残すのではないか?と危惧するわい!

「しっかりやれよ自民党!!」

私はそう思う。

 




ではまた。

沈黙できない日本人

固定観念を外して「人生いろいろあるし・・・」と考えると思考内容にも柔軟性が出てくるように思います。

有機脳硬化症を発症しないように・・・常識も非常識も日々変化していくもので、昨今また喋りたくなってきた日本人です。

この場所で、週休5日で、書捨てる
《やもめのモアイ》

ムクムクと、ときに書かずに、いられない

沈黙の日本人
やもめのまんま つらつらと・・・