やもめは再婚するな?ってこと?

死別やもめの再婚はありか?

なんというか、そこのところがなかなか整理がつかないのではないですか?

 

「私だけ幸せに?」そんな罪悪感が大きい。

 

周り(他の遺族、両方の親戚、近所や世間の関係者)などの目を考えると躊躇してしまうのではないでしょうか?

 

しかしですよ。

一つだけ守るべきことがあるとしたら、故人があなたが再婚するかもしれないことを知ったとしたら《あの人》はなんていうと思いますか?

そこを考えるべき一番のところなんじゃないですかね。

 

《やもめのモアイ》はそう考えますし、そうかんがえて実行しているところでもありますので色々書いています。いろいろもエロエロもあります。記事リスト載せておきます。

元はここです(管理人:《やもめのモアイ》です。)

いままでのモアイの体験や受けた相談をもとにして書いています。

まだやもめの再婚はまだ1件ですが、まだ増えていきます。

その他にはDV被害者との再婚とかバツイチ再婚などの考察を書いています。

 

私たちやもめは、寡夫寡婦未亡人といくつかの呼び名がありますが、その心情を考えると、なかなか「再婚や後妻」という言葉は考えられないのが現状かもしれませんね。だからといって残りの半生をずっと孤独に故人を偲んで生きていく義務を負っているわけでもありませんよ。

要は自分の心をどのように整理していくか? が大切なのです。

 

ではまた。

 

今日の昼間は暖かいですね。

洗濯物が良く乾く♪

≪死別やもめのMoai≫が、ここで言いたいこと

死別のやもめは再婚しても良いのか、いけないのか?

ここのところ思うに、死別のやもめが再婚しても良いのか悪いのか?と考えてしまう、その思考そのものがいまだ罪悪感にとらわれている証拠です。

このブログでの「罪悪感」が書いてある記事を読んでみてほしい。

 

ヒトリミの寂しさは年を経るごとに男と女から離れていき、性的な意味ではなく感覚でもなくて、深夜、目が覚めた時にふと伸ばした手に感じる温もりなのではないかな。

Moaiはそう思うのです。

 

その温もりを得るために相手を探すこともあるのでしょう。

 

死別のやもめはいつになったら再婚を考えてもいいの?

 

「よくネット上で散見されるのは死別後何年したら再婚してもよいのか?」という疑問です。

 

《やもめのモアイ》としては3回忌が終わったら良いんじゃね?と思います一周忌だとちょっと、世間が許さないかもなぁ・・・そんな感覚でいます。

ということは、世間の目なんて気にしないのであれば1年以内だってありですよ。

Moaiやもめになってから思うようになったのですが、「世間様はあなたの行く末に責任を持ってくれるわけではない」ということです。

 

ただし、自分の心の中で故人との別離がしっかり整理し終わって様々な後片付けが終わっていたなら、この限りではない。とも考えています。

 

どうぞお元気で・・・

これからの人生、楽しんでいきましょう。

面白がっていきましょう。

 

あなたはそれだけ頑張ったのです。

今のあなたのその思いは、きっとあなたへのご褒美ですよ。

≪死別やもめのMoai≫でした。

 

死別のやもめは再婚してはいけない?
死別やもめの再婚はありか?
つれづれに やもめのまんま つらつらと