やもめの魂は折れる?

【やもめの第1段階:心話】

魂は折れないか? 割れるのかな。

心が折れるとはよく言うね。

 

ついさっきまで切れ切れながらも話ができていて、身体だってまだ温かい人間が目の前で死んでいくというのは心が折れるような瞬間だと思っているし、折れても仕方のないことだと思うし、どうせなら綺麗に折れた方が良いね。

 

ウォーキングデッドのシーズン7を見ていて思ったわな。

折れるのは心にしておくけれど、心が折れるということは、修復も可能だからね。

このドラマの折れ方はきれいじゃないからね。

折れるということは同じなんだけどさ、ギザギザの折れ口になっちゃうよ。

シーズン6の最後を見て、「え!だ、誰が死ぬの」って気になっていたら、な~んとあの人だった。

そのことで、リックだっけ?リーダーの心が折れてしまった。

 

もう敵の言いなり!!!

玉がなくなった。

時代小説的に言うと「肝を飛ばす」かな、違うか。

現代風にヘタレた。

 

でもさ、私思うんだけどね、

折れたところ、割れたところって、修復するからね。そこが人間のすごい処なんだよ。

たぶん、人によって修復時間が違うのよ。人によっては3年、5年、10年と違うね。

変に「早く治って復帰しなきゃ!」なんて思わなくていい、やりようなんてわかんねぇよ。

 

心のありようなんて人それぞれだからね。

ただ、籠らないで、人と話すようにしていると、なにかヒントみたいなものをもらうのよ。

全然関係ないような何気ない会話の中に本人が見つけるのだよ。

相手だってそのつもりもない関係ないはずの会話のなかでいつの間にか引き出されてくるの。

ここが人間の不思議なところ。

だから、すげえなぁ、って思うよ。

 

あ、あれです。 メールとかそういうものでの会話でも同じ。顔は見えないんだけど、なにかこう見出すんだよ。

モアイも何回もあったよ。

 

そしてね、その修復が終わって繋がった心は前より強靭になっているよ。

 

あきらめんな

ジーっと待つんだ。

動けるなら動け、ゾンビに捕まるな、逃げるなら逃げてもいいんだよ。

 

 

じゃぁ、またね。

ウォーキングデッドシーズン7続きを見るのだ。

あ、プライムでやってるよ

 

このブログが初めての方へ

ここは、大切なパートナーとの死別を余儀なくされたやもめのMoaiが 一度は沈んだ沼の底、ゆっくりでもじっくりでもあきらめないで浮上すること。たとえ何歳でも、です。

大切なことはそれは故人があなたに切に望んでいることなのです。

あの人がもういない世の中、面白くもなき世の中を、希望を持って、または面白がって楽しんで歩き始めることをあの人が望んいるのです。

そんな筆者の方法、ヒントを読者さんに、、、

少しは寡婦寡夫さんのお役に立つかも・・・というか当人の気持ちを一度は体験したであろう者として、今度は少し助ける側に立とうかな、そしたらちょっと嬉しいから、、、そんなブログですわ。《筆者:やもめのMoai》

見つけたネットも便利になったもんだ。(葬儀関連PR情報)

《やもめのMoai》のお葬式の出来事

お葬式や供養というものは遺族が納得できる・・・「ちゃんと送ってやれた」と安心できるようなものになれば良いのだと思うのです。

《やもめのモアイ》の場合は葬儀だけで160万円程かかりました。そうそう、戒名その他でお坊さんに30万ほどですね、払いましたよ。払いすぎですか?

でも当時それだけかかって思うのですが、まぁ彼女を送るためでしたから「惜しい」とか「高い」とかの気持ちはなかったのですが、いま思うに、自分のときには身内だけ家族だけで済まして欲しいなぁ、と強く思うのです。

ましてやもう子どもにとって親は私だけなのですから簡単に済ましてもらってぜんぜんOKなのです。

そんなことを思い出しました。

いまはネットが便利ですね。全国の葬儀情報がネットで見られるのですもの。

定額の僧侶手配サービス・法事・法要の僧侶手配・定額の戒名授与お坊さん

葬儀の費用でお悩みの方!全国300社の中から最適な御見積りを致します!24時間対応!!葬儀の一括見積もりをするなら【葬儀レビ】一括で見積もり

よりそうのお葬式よりそうお葬式

小さなお葬式小さくて良いお葬式

小さなお葬式 新バナー小さいお葬式の資料が欲しい

葬儀のことを調べて頭に入れておく必要がある

葬儀の本から調べる

【やもめの第1段階:心話】 【やもめの第2段階:模索】
やもめのまんま つらつらと・・・