「生ききる」という納得感で最期まで頑張るんだよ。

第1段階《奈落》やもめの心話(死別直後~三回忌)

遺されたものの、、、

 

意地、、、かな。

 

生ききったろう、って。

 

あ奴ができなかった人生の面白みを全部、体験してやろうかいな。

 

そう思えるようになったら、それが一番良い結果なんじゃないかいな?

 

少し元気が出せるよね。

 

 

筆者はそう思うのだ。

やもめ?死別者?遺族?

おそらくいくつかの納得する方法があるんだと思う。

 

どんな納得でもよいと思うのだ。

他人にどうこう言われる筋合いもないだろう。

それがあなたの選択であるならば、それでいい。

 

そう思うよ。

がんばれや♪

 

ではまた

このブログが初めての方へ

ここは、40歳前半で大切なパートナーとの死別を余儀なくされたやもめのMoaiが 一度は沈んだ沼の底、ほんとうにすべてを無くしました。正直を言いますと「すべて自分で捨てたんです」(そのうちこのブログのどこかで書きます)

それでも、ゆっくりじっくりでもあきらめないで浮上すること。たとえ何歳でも、です。

で、今の管理人Moaiがいるわけです。

 

大切なことはそれは故人があなたに切に望んでいることではないでしょうか

 

あの人がもういない世の中、面白くもなき世の中を、希望を持って、または面白がって楽しんで歩き始めることをあの人が望んいるのです。

そんな筆者の方法、ヒントを読者さんに、、、

 

少しは寡婦寡夫さんのお役に立つかも・・・というか当人の気持ちを一度は体験したであろう者として、今度は少し助ける側に立とうかな、そしたらちょっと嬉しいから、、、そんなブログです。《筆者:死別やもめのMoai》

第1段階《奈落》やもめの心話(死別直後~三回忌)
つれづれに やもめのまんま つらつらと