「北野武氏」良いスピーチだわ・・・感涙してまう。それにしては与党は何してんの?

さすがに北野武さんなのだなぁ、、、

改めて感動してしまうわい。

北野武さん祝辞全文「映画、身体のこと…不思議な感動」 陛下即位30周年式典
天皇陛下の御即位30年を祝う祭典「感謝の集い」が10日、東京・隼町の国立劇場で開催され、各界の代表として映画監督の北野武さんが祝辞を述べた。北野さんは母親ととも…

で、ね、こういう天皇陛下を侮辱した国を日本人は許してはいけないと思うのですよ。個人が発言した話だ、で済ましてはいけない。その国を代表する地位にいる政治家の発言なのです。

彼らは今頃になって、「日本人の怒りが尋常ではない」などと言っておりますけれど、その気付きがこれだけ遅いのは日本人を舐めきっているからであります。

与党自民党は何をしているのでしょうか?

今だからこそできるかもしれないと、大臣候補の在庫一掃セールをしているのかな? 誰でも良いの? 順番なの? どこの派閥なの? いまだにそれでいいの?

 

もう一度日本の舵を取るように支持した日本人の気持ちをどのように考えているのでしょうか?

どうせ国民には、他に支持する政党なんかないだろうよ!!

などとたかを括っているうちに自民党は終わるのかもしれません。


いままでのその他の問題への対処や方法、腰を上げる時期を鑑みても、どうもまた「何もやれないできない、やっぱやらないよ~だ」自民党に戻りつつあるようですね。(内部にさんざん邪魔をする、出戻り人とか平成最後の行かず後家みたいな領袖の存在がいるのも理解はしますがだからといって・・・)(行かず後家って差別用語でしたかな、その場合は謝りま~す)

確かに今の日本には頼りになる野党がいません。
しかし、英雄というものは動き出したら電光石火のごとく膨れ上がり天に昇るものです。

ましてやあの旧民主党政権のおかげで国民は似非政治家を見つけだし観察、監視する目が少しは鍛え上げられていますよ。取捨選択眼に情報過多の混乱はあるにしてもです。(一時の話でしかない)
そう彼らの最大の功績であり遺産であります。(称賛に値する唯一の功績・・・)

また、その発言に信頼が置ける思想をお持ちの人々も、やらせと思想誘導しかできない斜陽のテレビ界からではなく、ネットの混沌とした玉石混交の深海から世に広く知られるべく浮上しつつあります。

ですから自民党の中にいる人が立っている場所は危ういのです。あと数年なのではないかとモアイは想像しております。
もしかして安倍政権が終了したら一緒に逝くつもりなのかも知れませんね。だから総裁任期を更に伸ばして・・・なんて恥ずかしい先延ばし案が出てくるのだと思いますよ(笑)

やるなら今しかないのです。明日すぐという意味ではないですが、良いタイミングを見計らって乾坤一擲、ぶん殴ってやってほしい(個人的希望)のです。
この任期延長の件は、もちろん周りの望みにご本人が決断するのならそれもまた良し、でありまする。


何度か書きましたけれど、モアイは、

自民党を支持してはいません。

潰れても一向にかまわんです。

大きいから鈍重で頭の指示が尻尾まで届くのに時間がかかるのかも知れません。ならば少しスリムにしてやろうか、ということもあろうかと・・・

《やもめのモアイ》は現政権を支持します。


モアイの個人の意見ではありますが、おそらくこういう考えの方は日本中に溢れているはずです。だってこのモアイごときでも考えられること。

いつか沈黙の日本人たちが動き出すでしょうね。

予測が当たる日が楽しみでもあります。


ではまたね。

沈黙できない日本人

固定観念を外して「人生いろいろあるし・・・」と考えると思考内容にも柔軟性が出てくるように思います。

有機脳硬化症を発症しないように・・・常識も非常識も日々変化していくもので、昨今また喋りたくなってきた日本人です。

この場所で、週休5日で、書捨てる
《やもめのモアイ》

ムクムクと、ときに書かずに、いられない

沈黙の日本人
やもめのまんま つらつらと・・・