【日本と露】戦争しないと取り戻せない・・・そのとおりだな。+空母いぶき

ここのところ嵐のまえの静けさのような気がしてしまって・・・

そうそう、台風の直前に外出したくなるような子供だった私としては喋りたくなるのだ。

喋る相手がいない寂しい人生なものだから書くのだ。ぷぷぷ♪

空母いぶきのその後、追記しました。最下段。

「戦争の結果だ」と彼らは言うけれど、終わったあとに盗りにきたんじゃないの?

間違っていたらごめんなさいするけれど「北方領土 日ソ不可侵条約」を一方的に破棄して盗りに来たわけなのでございましょう?

そういうやつに「不適切だ」とか言われてもね。

 

訂正です。

降伏寸前から攻めてきてたのか、あれか日本がもう弱って降伏寸前になったのを確認して襲ってきたのか条約を一方的に破棄してね。

いまもおんなじような国があるよね。条約無視の国・・・

https://mr-moai.tumblr.com/post/185034100414/moja-co-%E5%A4%95%E5%88%8A%E3%83%95%E3%82%B8

 

こういう国ばっかりです。戦争はなんとしても避けねばなりませんけれど、最後の最期になるくらいなら・・・そういう覚悟はもっておきたい。次は唯々諾々と負けてはいけません。絶滅されるくらいなら、、、であります。

返さないならば、次の戦争の結果を待ちましょうか・・・くらいの気持ちで行きませんとね。

ありだと思うんだよなぁ、辞職勧告まで決議しようとする人々のほうが怖いなぁ、全体主義みたいな? どういう考え? まぁね議員さんが酒に酔って吐いたら駄目だとは思うけど、言ってることは間違っていない、と思うんだ。

 

あの国はさ、日本が負けました。と認めたところで条約を破棄して領土を盗りにきたんだよね。

日本が武装解除をされてもっとも弱っているときを狙ってきたわけでしょ?

そういう国なんだよ。ソ連時代とは違うと言う人もいるかも知れないけれど、本質は変わらないのだろう。いまの領土返還での交渉行動を見ると・・・返す気なんてないじゃん。安倍総理はそこのところを可視化してくれているのだね。ロシア人の本音。

 

実際に奪っていったわけだしね。(ここまで筆者が間違っていたら訂正しますし謝りますけど・・・)

 

思うに、日露戦争で負けた腹いせでやったようなもんだろうし、おそらくエリート層が持つ日本への恨みは深いのだろうな。と思う。

彼らとしては盗ってやったぜ憎っくき日本め!!

くらいなもんで。

そんな思いが心の奥底にあるのだろうなという想像は容易につくじゃない。彼らは「返してやってもいいかかもしれないなぁ、どうしようかなぁ・・・」と思わせぶりにして金を盗りにきているのが現状だと思うんだ。

 

大陸側の思考法なんだと思うよ。

他にもたくさんいるじゃないのさ。

騙される方が悪い。って考え。

 

それを議論だけで返させられたら日本って凄い、と思うけれど、そこに行くには彼らをバンバン干して弱らせてギリギリのところまで追い込んだ上で「返すか? どうするの? このままで良いのか?」で行かないとなぁ。と思うわ。

 

竹島だって同じだよ。現状の日韓関係を最も良い機会と捉えてバシバシビンビンボコボコにした上で初めて「話し合い」をすれば良いのだ。と私は思う。(ビンビンって・・・ビシビシが正解だな)

 

で、こうやって、昔から日本に仇名してきた国の末路を中国と北朝鮮コンビにも見せてやれば良いのです。そのために必要ならば憲法だって改正すればよろしい。

彼らは特に中国はすぐ変わり身するのでは、前の戦争でも変わり身が早かったっすよ。

 

確かに日本は昔のように全面対決を起こせるだけの軍事力はないだろうよ、確かに矛はないけれど、盾は護る力の自衛隊さんがいてくれる。その他の力はまだまだ十分あると思うのだ。あの敗戦からそこまで取り戻してきた先人の日本人って凄いと思う。(父ちゃん母ちゃんか爺ちゃん婆ちゃん世代)

 

やり方はいろいろあるのじゃないかな。って、だからその辺をしっかり理解しているらしい政治家を支持したいのだ。

 

それにね。だんだんとね。今まで好き勝手にやってきた国って、、、ツケを払う時が来たようにも思うのだけどどうでしょうね。

そういう意味で嵐の前の・・・に感じるのは私だけではないのでは?

元号が変わったら時代も一気に変わっていくような?

ちょっとワクワクなんですけど。

 

酔っ払ってないよ(笑)書いているの眠れない25時だからね。

 

そういう映画のそういう役者とスタッフと監督って・・・「空母いぶき」

(後日5月19、20日と、少し加筆、訂正しました。)

なにやら「空母いぶき」って原作からはるかに遠く偏向制作されているらしいじゃないの。

だいたいがですよ、いくら主役級とはいえ、たかが一役者がそのシナリオにクレームをいれて変えることができてしまえるような映画制作側であり、スタッフであり監督だったんでしょうな。と思うんです。(誰だか全然知らんけど・・・どんなすごい人たちが関わっているかも知りませんが)

 

原作者も了解したのでしょうか?この作者さんの作品を見ていると、、、どうも違うんじゃないの?と感じるのだ。

こんな程度の低い話題になどなって欲しくないのでは?

こんな枝葉末節のことなどどうでも良いと思われたのかも知れないけれど、原作漫画のほうのファンとしては、許せない人のいるのかも。

 

そのうち詳しく説明してくれる人が出てくるのを楽しみにしていることにします。

 

その枝葉末節の話。 あの役者さんの話なんですが、彼の本質、本性が見えちゃったね。役者さんもさ人気商売なんだから一方に寄りかかった行動というか意見というかを公言してしまうとその人気も一方に寄るよね。

 

ましてや左がかっている発言って・・・

「あ~~~左方面かぁ・・・」と思ってしまうのだ。

いろんな意見があってもいいけれど・・・

 

私、あの中国漁船の尖閣諸島での衝突事件以降、自分なりに学んだつもりなのだけど、左方面からは何も学べなかったんだよね。私が理解力が足りないだけのアホなのかも知れないけれど、とにかく相手を圧倒して耳元で大声で洗脳するような論法、方法だとねぇ、どうもね。それでも何かの事実、真実までは行かないにしても「本当のところ」はここなのだ。と学べるのなら別なのだけど、どう見ても見つからない。だから嫌なのよ嫌悪感しかわかなくて。

 

前にいたじゃない、ちょび髭はやして揶揄したアーチスト、、、別に良いの、その人がどういう立場でいて本性とか本質がどこに寄っているのかがわかると興味がなくなるだけの話で「あぁ、この人はこういう考え方をしている人だから眉にツバして聞かないとね」って区別をして見るようになるだけなのだよ。

もしかしてそのアーチストさんと同じように、役者さんの彼も公開前に物議を醸したかったのかな。だとしたらちょっと時代を読めていない稚拙な人なのかもしれんなぁ。

 

あとですね、せっかく自分が出演させてもらった映画をわざわざ腐さなくても良いんじゃないのかな?

ネットでは右とか左とか論議が姦(かしま)しいのに何が悲しくてわざわざ自分の立場や思想を公表したのかなぁ・・・と考えるのです。(役柄が気に入らなかったとか? 出番が少ないとか?)

 

役者として今後応援する? たしか誰かの息子さんだったっけ?くらいの知識なものですから関心そんなになかったのですが、これからは、「ああの映画のときに、ああいうう発言をした人だな」と記憶に残る役さんにはなったかな。

できるだけ本人の本質と演技は分けて見るようにするけれど本人に対しての興味がすでに失せているからね。そういう人は多いのかもなぁ。

 

ここのところ個人的に思うのは左方面はもうどうしようもない。と救いようがないのは自分で気づくしかないないのだよね。

真ん中から左は地獄だな。と思うんです。自分を無くさないと生き残れないカルトのような・・・沖縄の猿軍団とかね。

 

でもね、右は右でなにかとね、こう窮屈だなぁ、って、学ぶのには良いけれど・・・ってことで、モアイとしては常に真ん中よりの右辺りに密やかに棲息していたいな。

 

あとは、

支持すべきは誰と誰なのか?がわかっていれば投票で迷わないで済むし、あの政権交代だけはもう勘弁して欲しいから選挙、、、絶対行く!!!

そんなどうでもいいことよりも、この映画の原作者さん、怒っているんじゃないのかな?

 


そこが知りたい、情報を待つ。そのうち訴訟問題になったりして・・・何故そう思うかって言うと、いままでの自衛隊が絡んでいる映画には自衛隊さんが協力していたらしいんだけど、どうもこの映画には協力していないらしい、そんな情報を読んでいたものだから、どういうこと? と思っていたのさ、この原作ってもろ自衛隊さんの物語でしょう、それに協力しないって・・・訴えられるのは自衛隊じゃないくてさ・・・ほれ?

 

協力も得られなかった自衛隊の映画、その原作者としては大いに不本意なのではないかいな?

本当のところはどこにあるのだろう? 単なる噂?

 

この空母いぶきとか沈黙の艦隊とかってね、原作者さんの思いのようなものがものすごく滲み出している物語だと思うんだ。

(だからそのうちこの作者さんの全作品全巻を揃えたいのだ。筆者そういうやつなんです。昔ならば作者問わず三国志全巻、池波正太郎とか菊地秀行とか夢枕獏とかエロいやつも含めて・・・最近はバガボンドとか、スラムダンクは全巻ある(笑))

 

 

とするならば怒っているのでは?と考えるわけさ。

 

あくまでも噂からの筆者の個人的意見ですからね。

 

追記しました。

やっぱりモメてるの? 「空母いぶき」
あれからちょっと注目していた。空母いぶき ここの後半に書いていたので注目していたのだ。書きっぱなしは良くないかな、と思ったので 映画の番宣がすごかった。でも、話題のあの役者さんは筆者が見た限りではあるけれど番宣にも姿を見る...

 

じゃまたね。

 

沈黙できない日本人

固定観念を外して「人生いろいろあるし・・・」と考えると思考内容にも柔軟性が出てくるように思います。

有機脳硬化症を発症しないように・・・常識も非常識も日々変化していくもので、昨今また喋りたくなってきた日本人です。

この場所で、週休5日で、書捨てる
《やもめのモアイ》

ムクムクと、ときに書かずに、いられない

〈第3段階・自問自答〉からさらに飛躍する
ここは〈死別の第3段階〉前半として書いています。 今まで(死別前)には考えてこなかった。人生といいますか。そういったものを改めて考えてみるカテゴリーです。 続きの

〈死別の第3段階・飛躍〉は一種の人生の開放でもう一度、残りの人生に向かう覚悟が出来てから・・・が良いと考えまして別なブログに書いてますが筆者は私《やもめのモアイ》です。

エンタメ感想文(小説・映画)沈黙の日本人
やもめのまんま つらつらと・・・