ここに書かれていること

ここに書かれている記事の内容は世間様の話題に対して筆者《やもめのモアイ》個人意見の範疇で書いております。

あくまでも、世間という大河に投じられた一つの小石の波紋に対して筆者が感じたことを「歯に衣着せぬ」心の声を書き殴っている記事、とお考え下さい。

《やもめのモアイ》は、男未亡人、寡夫として世の中を斜に構えて視ている者であります。あくまでも参考までに、妻を亡くした変な奴の妄言とご了解くださいませね。

日本の欺瞞・いま右回りで230度くらいかな

左回りじゃなくて良かった。

(昔、「左まがりのダンディー」という漫画があったような・・・)

そう思っている。

もし左回りでここまで来るなら嫌な思いをずっとした挙句に、情緒的にもイライラし通しだったのではないか? と想像できる。で、結局は右90度あたりでまだうろうろしていたのかもしれないなぁ、「これこそ僥倖だなぁ、きっと妻が導いてくれたのだ」と勝手に喜んでいる。

その経緯は詳しく語らなくても、もう良いのじゃないかと思うし、いま現在は右回りで0度から180度どころか200度を超えたあたりであっちいったりこっち行ったりしているように思う。

他国の侵略ばかりを責め立てても、結局は自分の寄って立つところが不安定な足場でグラグラしつつそれさえも他者の所為にばかりしていてはいかんだろう。とも思うのでここを作った。

ここには日本だけでなく、言ってみれば民主主義陣営?とでも言うべき国のことも書いていこうか、日本から見た他国(お仲間)も一緒だ。

最初の挨拶としてはそんなところ。

アンケート・世論調査法の制定?整備?

新聞やテレビでやる世論調査というものに縛りをしたほうが良いんじゃない?

ただでさえ嘘つき新聞とか嘘ついといて訂正だけして態度、立場を全然かえていない新聞。

海外に対してのみ英語で分かりづらくしつつ日本の女性を思いっきり貶める記事を配信し続けてきた新聞(きっとかなり女性に劣等感を抱きまくっている人だと思う・・・)

そんなところが調査したような世論調査なんて信用できるわけがない!!

そこはね。

世論調査の質問内容をすべて公表させて国民の評価をえるような法整備。

それをしなければ世論調査をしてイカン。くらいの。

国民が誰でも確認できるようにホームページにアップさせるとかね。

やったらええよ。

どっちの立場にいようとね「なんか変だなぁ」って思うような調査結果が出てくるからね。

「恣意的」ということばが浮かんでくるような調査内容をハッキリさせること。

大河に一滴

《大河に一滴》を初めて読んだそのあとに♪

本当はこのテーマだけでひとつのサイトを形成できる。と考えているモアイですが、いまはもう少しここに間借りさせていただきますよ。

もう一つの案件が落ち着くまでなのです。


ちっとは子供たちに良い世界を遺してやろうぜ!

そういうことだ。哀しみはもう十分だ。

誰が汚したのか、どの世代がやっちまったのか?そんなことはどうでも良い。我々がいなくなった世界が少しでも、ちょっとでもいいから気持ちの良い時代になるようにしていくことが、いまを生きて思考し行動できる世代の責任なんじゃないか?って思うのだよ。後世に名なんか残さなくてもいい、今を生きている私が私らしくできることをやって逝く。

来世はあるかもしれない、ないかもしれない。どっちにしてもこの世は今生の1回しか生きられないのだから楽しんで、面白がって、最期まで行ったろ♪

って思うんだよ。

だから、この《大河に一滴》は続けるよ。

この方たちはきっと大河に1万滴も落としてくれているね。

特に「米中激戦」ってトムクランシーの米中開戦を思い出した。「日米開戦」「米朝開戦」もあったりするんだよ。あれもなんかリアルだなぁ戦争ってこうやって起きるのか~って感じたもの。なかなかだ。

そう考えるとね、丹念に冷静に世界情勢を視ている人たちの分析ってすごいと思っているのさ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする