葬儀という一連の儀式と供養の考え方をMoaiなりの解釈で解説したい。

葬儀一式・供養・墓

そう思ったのです。

仏教なり外国発祥の宗教でもその人を送るという儀式は様々ですよね。

私が喪主のときは、まだ40代ということもあるかもしれませんが、まったくの無知でした。

恥ずかしいことも多々ありました

でも、思うに無知だからこそ学ぶことができるんですね、まっさらな状態から吸収して熟慮することもできるのです。

 

ここではその学び熟慮してきた葬儀一式もことに関して書いておきたい。

あくまでも、専門家でもない遺族として当事者からみた葬儀一式の見解です。(だからこそ役に立てるかも)