ここに書かれていること

ここに書かれている記事の内容は世間様の話題に対して筆者《やもめのモアイ》個人意見の範疇で書いております。

あくまでも、世間という大河に投じられた一つの小石の波紋に対して筆者が感じたことを「歯に衣着せぬ」心の声を書き殴っている記事、とお考え下さい。

《やもめのモアイ》は、男未亡人、寡夫として世の中を斜に構えて視ている者であります。あくまでも参考までに、妻を亡くした変な奴の妄言とご了解くださいませね。

「人の振り見て我が振り直せ」って言うけれど・・・

人の振り見て我が振り直せ

って言うけどさ、さすがにこの野党の体たらくに「我が振り直す」まで反省できない。

ただただ、「あぁはなりたくない」「自分は絶対にあんな姿にならないように生きていこう」

そういう反面教師に・・・もならないか・・・

でも、そんな中で、「どうも、あの野党を上手に強制的にでも解体しよう、それが日本のためだ」かどうかは分からないけれど、本人はそんなつもりはないのかもしれないけれど、結果としてそんな動きをしている人が一人いることに気が付いた。

もしかしたら、選挙が終わったら出てくるかもね。そんな話。

面白~い。勉強になるわ。

比べたら偉人に失礼かもしれないけれど、あの勝海舟を思い出した・・・

砂の城ってのは波がぶつかれば崩壊は一瞬なんだよね。

じゃあね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする