ここに書かれていること

ここに書かれている記事の内容は世間様の話題に対して筆者《やもめのモアイ》個人意見の範疇で書いております。

あくまでも、世間という大河に投じられた一つの小石の波紋に対して筆者が感じたことを「歯に衣着せぬ」心の声を書き殴っている記事、とお考え下さい。

《やもめのモアイ》は、男未亡人、寡夫として世の中を斜に構えて視ている者であります。あくまでも参考までに、妻を亡くした変な奴の妄言とご了解くださいませね。

日本政府へ! 本気で、断固たる処置をとってください

日本には、まだ他の国がとるような「断固たる処置」というものに比べれば、どうしても軽くなりがちなのは、他国に侵略される前に憲法改正とか様々な解決しておきたい法制上の問題が多々残っているからだ。

ということは重々承知の上で、「断固たる処置をとる」と菅官房長官がおっしゃるのであれば、どこまでも本気で効果的な処置をとっていただきたい。

その結果がいかような結果になったとしても日本人が黙って支える。と私は思うし、そうする。

口先だけでぎゃあぎゃあ騒ぐだけの人には難しいかもしれないが、大多数の日本人は支えるほうに回る。それが日本人だし、そういう日本人でありたい。

どんな処置が考えられるのかは分からないけれど、総連の閉鎖くらいは当たり前ではないか?

とモアイは思うけれど、、、

どうなんでしょうね。

関心を持って見守ろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする