ここに書かれていること

ここに書かれている記事の内容は世間様の話題に対して筆者《やもめのモアイ》個人意見の範疇で書いております。

あくまでも、世間という大河に投じられた一つの小石の波紋に対して筆者が感じたことを「歯に衣着せぬ」心の声を書き殴っている記事、とお考え下さい。

《やもめのモアイ》は、男未亡人、寡夫として世の中を斜に構えて視ている者であります。あくまでも参考までに、妻を亡くした変な奴の妄言とご了解くださいませね。

《33歳の手錠》車の運転に向かない人、酒呑んでひき逃げって・・・

これはイカンでしょ捕まって手錠されても仕方がない。

ひき逃げというのは呑んでいるから逃げたくなってしまうのではないかな。

つまり判断能力がどっかに飛んでしまっているわけで、だからこそ飲酒運転には厳しいのだ。

この場合は相手が自転車に乗っていてぶつかったということなんだけど、人がね、おそらく意識があるなら痛がってうんうん唸っているのか、意識がなく動かないのか分からないけれど、そんな他者を放置して逃げるというのは人としてどうなの?というレベルの話なので悪質と判断されての手錠なんでしょう。

飲酒運転でひき逃げ 容疑で元モー娘。リーダーの吉沢ひとみ容疑者を逮捕 警視庁
酒を飲んで車を運転し、ひき逃げをしたとして、警視庁中野署が自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ、酒気帯び運転)の容疑で、「モーニング娘。」の元&

最近よく思うんですけど、心神耗弱によりどうのこうのって犯罪でもつかわれるでしょ?

あれっておかしくない?

自分だったら・・・と考えたときに例え異常な状況で心神耗弱状態にあったとしても私という個人、自分という人間がやらかしたことであれば罪に服すことは拒否したくないなぁ、って、あくまでも自分だったら、ってことなんですけども、でもそう考える人は多いでしょうし、そういう人はそんな危ない状態に自分がなることを必死に避けると思うんだよな。

筆者はいま運転しないです。できると思うし、もし何かの緊急事態のときには運転すると思う。超緊張してね。ガクガク震えながらでもね。

だからこそ運転しない状況を作れるのであれば他者に委ねますよ。自分の命とともにね。

この事件のかたは、もう運転しないほうが良いと思う。

今まで作り上げたものが全~~部ご破算でしょうよ。

もったいない。

酒のんで暴行であの不祥事メンバーもちょっと思い出した。

この30~40歳くらい?の年代って、つまんないところで人生を蹴躓いているように思える。

この10年位って人生の中で様々なものがビリヤードの始めのショットみたいに変転するもんだな。私だけじゃなくね、良い意味でも悪い意味でもね。(今度もうちょっと詳細に書いてみたい)

ではまた。

ちょっと眠くなってきた。

まだだ。まだゴミ出しは早すぎる!

この記事はここまで♪
さて!
今日も元気で活きてこうぜ