《ワールドカップ》あれぞ監督、リーダーの判断

ワールドカップのポーランド戦を見ていて感じたこと。

 

最期の責任は俺が取る!!!

 

あれぞリーダーの最終判断だととおもうし、それがうまくいった例だと思うのだけど、その決断力は大変きついものだったろうと、感じる。

 

おれああいう人好きなんだね。

 

最期の責任は俺が取る!!

ぶち殺されてもおれが往く!!!

そういう人でありたい・・・

 

あとの批判なんてなんのその目的をどこにおいて闘ってきたのか?

 

あの戦略的思考

戦術的思考を選手が担う。

キャプテン?

 

あとで批判が起ころうとも戦略を優先する決断が良かったぁ。

 

だから両方の試合をチャンネルをババキバキ回しながら見ていたよ。

 

面白かった

沈黙できない日本人

固定観念を外して「人生いろいろあるし・・・」と考えると思考内容にも柔軟性が出てくるように思います。

有機脳硬化症を発症しないように・・・常識も非常識も日々変化していくもので、昨今また喋りたくなってきた日本人です。

この場所で、週休5日で、書捨てる
《やもめのモアイ》

ムクムクと、ときに書かずに、いられない

世の中見聞録・やもおの学習帳
やもめのまんま つらつらと・・・