ここに書かれていること

ここに書かれている記事の内容は世間様の話題に対して筆者《やもめのモアイ》個人意見の範疇で書いております。

あくまでも、世間という大河に投じられた一つの小石の波紋に対して筆者が感じたことを「歯に衣着せぬ」心の声を書き殴っている記事、とお考え下さい。

《やもめのモアイ》は、男未亡人、寡夫として世の中を斜に構えて視ている者であります。あくまでも参考までに、妻を亡くした変な奴の妄言とご了解くださいませね。

《中国・直近現代史》2018年:中国さんの侵略日誌

勝手な想像かもしれないけれど中国共産党さんはこの↑小さい方の星をどんどん増やしたいんでしょうね。

でも調べたら違うのか衛星国の印じゃないんだね。

中華人民共和国の国旗(Wikipedia)

失敬しました。

《やもめのモアイ》の個人的な意見ですけど、いつかお相手をすることになるのではないかなぁ、と考えております。

今後は大陸側の問題国家のページはまとめようかな考えておりまして、ここが最初のページであります。

私はね。中国の人ってそんなにこう人として嫌うとか苦手とか感じないのですけど、悪いのは共産党だなって思っていて、戦勝国気取りで大国になったけれど、あれでしょ、日本軍とたたかったのは国民党でしょ?

その国民党は内戦の結果として共産党に負けて台湾に逃げ込んだわけでしょ?

違うかね?

そういう理解のなかで、良くないのはやっぱり共産党だろうなぁ、だから天安門事件とか勃発したのだろうし、いまがあるのでしょうね。

このページに1年分書き足していくことにしました。

(2018.01)ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

小野寺氏は「潜没潜水艦を確認した後、海自の護衛艦から繰り返し、この船に伝わるような形で警告を発した」

尖閣接続水域入域の中国潜水艦は「商」級攻撃型原潜 長射程巡航ミサイル搭載か 防衛相が発表
小野寺五典防衛相は15日、尖閣諸島(沖縄県石垣島)周辺の日本の接続水域を10、11両日に潜没航行した中国海軍の潜水艦は、「商」級の攻撃型原子力潜水艦だったと記者&

やっぱりそうだったんだぁ。

途中から、、、浮上して国旗を揚げた、ってんで、もしかして海中で海上自衛隊の潜水艦に追い回されて恐怖したんで浮上して、出自をあきらかにしたんじゃないかい?

と想像していたんです。

案の定でした。

予測があたっても嬉しくはないけれど・・・

でもね、ということは、あのレッドオクトーバーという小説や映画のようにロシア軍が潜水艦をロストしたときのような場面が生まれるかもね。

「国籍不明艦が日本を攻撃する動きを見せたので撃沈しましたぁ」

とニュースが流れるのかもね。

シレっとやっちゃいましょう。

尖閣に潜水艦が侵入したのだそうです。

しかし、潜ったままではなく浮上して国旗を揚げているそうですから、無害通航と言って、「私は危ない意図はもっていませんよ、撃沈しないでくださいね」という通行だったそうで、脅しですよね。単なる?

おそらく他の国だったら大騒ぎなのかもしれないけれど、良いも悪くも両方あるのだけど日本だとそれほど大騒ぎにはしませんし、抗議は政府にしっかり任せておいて、日本国民は静かに固唾を呑んで見守っている。というところでしょうかね。

尖閣接続水域入域の中国潜水艦は「商」級攻撃型原潜 長射程巡航ミサイル搭載か 防衛相が発表
小野寺五典防衛相は15日、尖閣諸島(沖縄県石垣島)周辺の日本の接続水域を10、11両日に潜没航行した中国海軍の潜水艦は、「商」級の攻撃型原子力潜水艦だったと記者&

どっかの国と一緒にすんな!!というところでしょうか。

でもね、ちょっと思うんですけど、そのうち潜航したまま入ってくるようになるのでしょうから、そのときは、シレっと沈めればいいと思うんですけど、素人考えなんでしょうね。

彼らが一線を越えたときには、「もう二度とあの近海には行きたくない」と怯えるくらいの痛い目を見せて欲しいなぁ・・・その内容までは一般国民に知らせなくても良いですので、「あれ、最近中国軍こなくなったね」くらいで「何かあったのかも・・・」と本当のところ見つけに行く楽しみくらいは残しておいて欲しいなぁ・・・

さて今年は大中国さんはどこまでコソコソ入り込んでくるのでしょうかね

潜没潜水艦が尖閣接続水域を航行 中国フリゲート艦も
防衛省によると、10日午後、宮古島(沖縄県宮古島市)の東北東の日本の接続水域内を潜没航行する潜水艦を、海上自衛隊のP3C哨戒機が確認した。潜水艦はさらに、11日&

軍艦出してきたってさ。

この記事はここまで♪
さて!
今日も元気で活きてこうぜ