ここに書かれていること

ここに書かれている記事の内容は世間様の話題に対して筆者《やもめのモアイ》個人意見の範疇で書いております。

あくまでも、世間という大河に投じられた一つの小石の波紋に対して筆者が感じたことを「歯に衣着せぬ」心の声を書き殴っている記事、とお考え下さい。

《やもめのモアイ》は、男未亡人、寡夫として世の中を斜に構えて視ている者であります。あくまでも参考までに、妻を亡くした変な奴の妄言とご了解くださいませね。

ちゃんと録画しておかないと

あおり運転対策としてのドライブレコーダーが必需の時代だなぁ。

警視庁があおり運転の罰則を決めたとか。

専門家が教えるドラレコの失敗しない選び方 東名高速道路「あおり運転」夫婦死亡で注目
今年6月に東名高速道路で発生した夫婦死亡事故をきっかけに社会問題となった「あおり運転」。交通トラブル対策として車内外の映像を撮影、録画できるドライブレコーダー(&

この事件は本当にひどい事件だった。

他人事ながら(他人事って言っちゃいけないかもしれない・・・ごめん)怒りを感じたもんね。

ネット動画なんかではよくロシアかな運転中の争い動画が良く流れていて、降りてきた運転手がナイフを握って降りて来たり銃を持っていたりするのを見てなんか修羅の国だよなぁ、と思っていたんだけれど日本も変わりなくなってきたのかな。

ロシアのドライブレコーダートラブル(YouTube)

で警視庁が罰則を重くするって話らしいんだけど、こういうことをするような輩は、そんなこと関係なく頭に血が昇ったら自分でも何をしているのかも判断できなくなってしまう人々でしょう。

だからそれでもやられてしまうなら、せめて報復処置がとれるようにドライブレコーダーってもう必需品だよね。

おそらく、いまはそういう騒ぎになってきて注目されているから対処を考えられるけれど、それまでは泣き寝入りとかさせられた被害者がいたんだよね。

証明できない。みたいな結論でさ。
それこそ悔しいわいのう。

だからね。せめて一矢報いるつもりでドライブレーダーを付けておくしかないと思う。

せめて前後?

一番いいのは360度全方位をカバーするべきなんだろうけどね。

ドライブレコーダーって調べてみたいな・・・結果はCareの方に書いておく。

《やもめのモアイ》はさ、常識とかルールとか時代は変わっていくもんだ。って良く書くけれど、こういう話を聞くとね。つくづくそうだよな。

誰が悪い、社会が悪い、って他者のせいばかりにしている人も増えてきているわけでさ、(国会議員にも多いじゃない・・・)自己防衛、家族保護のためには致し方がないことだと思うのよ。

ではまたね。

《あとがき》

早寝してこんな深夜に起きだすといろんな音が聞こえるもんで、面白い。

この記事はここまで♪
さて!
今日も元気で活きてこうぜ