やもめの子育て子離れ金数学

やもめの子育て子離れ金数学 やもめのシングル親家庭

やもめでひとり親というものは、、、

辛いものだ。

けれど唯一の救いでもある。

子供がいるということは独りではないということ。やもめによってはそれさえも超えてしまうことはあるけれど、それでもなんらかのストッパーになってくれる。

離婚家庭と死別家庭の違い

父にしても母にしても死んでいなくなった家庭の有り様を想像してみれば良い。それぞれの想像力が試されるのかも知れないよ。

 

失礼ながら言わせていただくと、離婚でのひとり親家庭よりも事件事故、病により死別を余儀なくされたひとり親の家庭のほうが辛いのでないか?と思われる。

だから、もっと辛い。

だからといって「辛いんです同情してくださぁい」とも考えていない。彼女だって死にたくて死んだわけではない。生きたくて一生懸命に抗がん剤の副作用にも耐え続けた結果として死に至ったわけでこれはもう、運と不運とかの範疇で神様、仏様に委ねるしかない段階なのだ。

と筆者《やもめのモアイ》は、いまは、そう考えている。あくまでも《今は》だ。

それまでは、ヤモメというのは余計なことを散々考え続けるようで、「あぁでもない、こうでもない」となんというか世間様をわざわざ敵に回すような言動だったり、あとになって考えて見るに「バカなこと」をしてみたりするものだ。

良いのだ、あとになって笑い話になればそれで良い。

このカテゴリーにはひとり親家庭になったやもめの家庭運営記のようなものを書いていきたい。参考になれば良いかと。。。

 

まぁ、

いつものごとく勝手気ままにつらつらと書いていく。

 

やもめのシングル親家庭

ひとり親が考える片親からの子供の結婚条件

片親という言葉は特に差別用語とも思っていないのでそのまま書きますね。 ひとり親でも良いのです。こだわりはございませんよ。 ただちょっと願うことがあったりしますので書き留めておこうかと思います。 第1条:私の子供とお付き合いをして...
やもめの心話(第1段階)沈殿編

やもめのモアイが再び立ち上がるために必要だったこと。

やもめさんは無理に立ち直らなくても良いんです。 と《やもめのモアイ》は思うんです。 ゆっくり心の中で納得するまで故人との会話を続けることが良いのです。 でも、そうしたいと思い始めている人にはヒントになれば、と考えるので書いておきま...
やもめのシングル親家庭

若くして夫婦死別は子育ても肩にドッカリ載ってくるわけで

その辺の話をつらつらと書いていきたい。 ここはそういうカテゴリー 子供が娘ならわかるから。 なにしろあのときは、小学校、中学校、高校までいたし・・・ で、想像なんですけど、再婚話のときも思うんですけど...
やもめのシングル親家庭

子育てやもめの常識その1

赤ん坊の時が一番かわいかったよね。 誰でもそうだと思うけれど、それぞれ自分の常識というものがあってだな。 ひとり親になると余計こう敏感になった者だ。 相談できる人がいない。いや、見つけたくない、そんな頑なな心境の時...