第2段階:つらつらと フケるやもめの 往ける路

第2段階:つらつらと フケるやもめの 往ける路 つらつらと フケるやもめの 活ける道(第2段階)

第2段階は、長い年月を経た上で到達できたであろう心境のままに、つらつらと、様々な事柄を再度考察し直す段階とでもいいますか。他社との付き合い方、向き合い方など書きなぐっています。

私はこう考えていて、彼女の死とともに半分持って行かれてしまった魂が自己修復をしつつ再構築を始めた段階です。長い時間をかけて多くのものを故意に捨ててきました。思い起こすとまた体調が悪くなるくらい多くのモノや他者との関係も含みますです。

「それはきっと魂が望んだことなのだ」と自分に都合よく解釈しています。

それで良いのだと思います。

罪悪感なんて引きずるだけ血が出ますよ。(あの映画マッドマックスで車に括り付けられて引きずり回されるようなもんでっせ。)

 

そう言えば、

あの・・・「○○心理学では、どうのうの」という講釈をたれたい方は、その御高説に従っていただければよいかと・・・特に興味はありませんので悪しからずでございます。

ここはあくまでも《やもめのモアイ》のブログです。

 

では第2段階入りま~す。

死別の第2段階は未来に目を向けていく勇気を持ち始める時期

 

さて、あと残りの寿命をどうやって過ごしていこうかな?

私という人間を改めてジッと視ていく、故人との関係を見直していく。

故人を無条件に崇拝することを止める。彼は彼だし彼女は彼女という認識を再確認したい。

そんな時期の話。

 

 

ずっ~と独りであの人がいないことを儚んでいくか?

それとも一つの覚醒というか納得というか、一種の悟りを確信して飄々と人生を楽しんで生きていくのか?

人それぞれではあるけれど、ここの筆者は間違いなく後者を選択しているわけでだからこういうことも書いているわけで・・・

その後のやもめ

ある程度心の修復が終わると新たなあなたになって復活し再出発することになります。

 

そんな話をしてみたくて・・・

 

でもね、ここまで来るのに10年以上かかったんだ。

きっと人よりず~と長くかかったんだと思うよ、でもそんな時間があったから今の私《やもめのモアイ》ができあがったわけで、年月は個人差があってあまり気にしないほうが良いと思うんだ。

好き勝手に書きますよ。

ここはね。

 

人生のパートナーと定め「死が二人を別つまで」と誓った相手が亡くなってしまったということは誓約が成立してしまったということ。

悲しみの気持ちも強いけれど、これから「どう生きていこうかなぁ・・・」と途方に暮れることもあるでしょう。

そんなかたに、何か伝わることもあるかな、と書いています。

あなたのこれからの生き方のヒントになれば幸いです。

 

《やもめのモアイ》

 

しゃーないさ、ヒトリになったことを「一人者に戻った」と考えるのかまたは「独り=孤独」と考え続けるのか?はご本人次第の話だ。

たぶん、おそらく思うには、納得と覚悟が必要なのかもしれない。

一人になっていろんなことに興味や関心が出てくるようになるには「彼女(彼)がなぜ死んだのか」「夫(妻)はなぜ死んだのか?」を自分の中で決着をつけて納得することが大切なのだろう。

そのためには《やもめの心話》から読んでください。

 

この辺のカテゴリーからハッチャケてくる。

怖いものがほぼ無くなったやもめは弾けるのさ。

 

もうこんなんだ。

一つ人生の山を確実に昇り越えたやもめの話だと考えてほしい。まだ納得、得心がいっていないときには腹が立つこともあるかもしれないから、そんなときは《やもめの心話》にどうぞ。

筆者《やもめのモアイ》はやもめのその後、のことも書くのでご了承の上で読んでおくれよ。

 

悲しいだけのやもめでなくて、第3段階:独りの独身貴族に戻るのです。

 

この年になってもいろいろ試してみたいこともあるもので、人間、興味や関心を失ったら終わりで良いじゃない。

つらつらと フケるやもめの 活ける道(第2段階)

動揺すると・・・

ちょっと思ったのですが、何かで動揺すると回復するのに時間がかかるようになったなぁ・・・と感じるようになった。 まぁ、いままで最大の動揺ではないから時間を測れるのかもしれないね。   人生最大の動揺は”あの時”だけだから、彼女が死んだ時で、...
エンタメ感想文(小説・映画)

なぜアクション女優はカッコいいのか? 惚れて舞うのか? なんかのフェチなのか?

惚れて舞う、のだ。 そう舞うのだ、「うおーーカッコいい」と。 そんなアクションに惚れ込んだ女性たちは、   マトリクスの キャリー=アン・モス.が始まりかな。     ニキータのアンヌ・パリロー     最近ではワンダーウーマンのガル・ガ...
エンタメ感想文(小説・映画)

やっぱりモメてるの? 「空母いぶき」

あれからちょっと注目していた。 空母いぶき   ここの後半に書いていたので注目していたのだ。 書きっぱなしは良くないかな、と思ったので   映画の番宣がすごかった。 でも、話題のあの役者さんは筆者が見た限りではあるけれど番宣にも姿を見る...
沈黙の日本人

【日本と露】戦争しないと取り戻せない・・・そのとおりだな。+空母いぶき

ここのところ嵐のまえの静けさのような気がしてしまって・・・ そうそう、台風の直前に外出したくなるような子供だった私としては喋りたくなるのだ。 喋る相手がいない寂しい人生なものだから書くのだ。ぷぷぷ♪ 空母いぶきのその後、追記しました...
エンタメ感想文(小説・映画)

「ホンマでっか」と「家ついていっていいですか」のどっちを見るか?で看護師さんにハマった

「ホンマでっか」と「家ついていっていいですか」のどっちを見るか?ってなると・・・ ホンマでっか、やってると見つけると暫く見るのだけどCMの合間に他のチャンネルを回して「家ついていっても」見つけて「あ、今日か」とCMの間だけでも見てよ...
やもめ再婚考

やもめ再婚のコツ!? をつらつらと・・・年代別考(令和元年5月編集)

「それでいいんじゃないか?」と思うようにもなり、「もしもいい人がいたならば結婚というものを考えても良いかも知れないね」とそれほど興味がなくなってきている。いなければこのまま生涯やもめでも結構だ。そんな心持である。
猫と書斎と寝室にやもめ

【ネコと暮らす家アイディアメモ】そのうち我が家のPC環境にオーディオを加えたいなぁ。(そして去っていく人々)

マスコミでは子連れ狼を代表作にしてたけど、モアイの中の小池一夫氏といえば・・・ あのエッロい漫画を書いていて フリーマンとかダミー・オスカーとか少年のエロい心をギュッギュと鷲掴みだったウフフな作者のご冥福を・・・
やもめの心話(死別の第1段階)

千々と乱れた心を静めたいときにやっていること、ならばこんなのはどうだろう・・・包丁研ぎはいかが?

心が千々に乱れるときがある。 時には何日も何週間も、 そりゃぁ仕方がないよ。 理由は色々あるのだけど、ここに来る人は死別が多いのだろうな。 あの瞬間に、あなたは魂の半分うぃ持っていかれてる。 こういっても良いよ。 今までの生きてき...
やもめの心話(死別の第1段階)

愛猫かそれとも愛犬か?

これ、階段の手すりにのっていて彼らの左側はかなりの高さでも怖くないらしく今の所は落ちてはいないけれど、たぶん落ちてもクルリ!シュタっとOKなのかもしれないけれど人としてはちょっと怖い、だから滑り止めを貼ったのだ。 ふと昔飼っていたワ...
猫と書斎と寝室にやもめ

ついさっきとうとう膝を盗られました。

しばらく私の部屋のクローゼットに潜り込んで眠っていたようなのですが、もぞもぞと衣連れの音をさせながら出てきて、いつものごとく机に飛び乗り「撫でろ」という態度。 しばらく仰せのままにしていたら、初めて膝に乗ってきまして、それも椅子に座...