癌妻追憶

癌妻追憶

ここは、40代前半で妻を癌で亡くした夫のブログです。

なぜ妻が癌で亡くなったのか? なぜ私達夫婦が死に別れになったのか? Moaiはずっと考えておりました。(何年という単位では足りないかも、バカですね) 個人差はあるでしょうけれど、サラッと次に向かうことのできる人もきっといらっしゃ...
癌妻追憶

「なんで分かってやれなかったのかなぁ・・・」健常者には分からない病人の気持ち

ふと思いついたことがあって書きとめておきます。 思うに、病気をしたことのない人には病人の気持ちはわからない。 それを理解、、、つまり分からないことを分かって欲しいのが看護とか介護の世界の人であってそのための学習をしたうえで試験をへて資格を...
いまやもめもやまい

最後の最期に後悔しない、例えば自分は70歳を過ぎてからの癌治療をどう考えるだろう?

病気は警告なのだ ときたま考えてみるのであるけれど、これはその人その人によって「生きる」という意味や「人生」の意義をどう考えるか全く違うだろうから、本当は課題にするのも憚るような問題だけれど、どうも考えてしまうのだ。 ...
癌妻追憶

いまだから考えてしまう、あの病のあの話

病気っていったいなんでしょうね。 もしかしたら「病は気から」がけっこう当たっているんじゃないかな。って思うようになっていて、それは、本人の気というか気持ちの持ちようということではなくて、どっかに死のスイッチみたいなものがあるん...