癌妻追憶

癌妻追憶 癌妻追憶(ナース147)

なぜ妻が癌で亡くなったのか? なぜ私達夫婦が死に別れになったのか?

 

個人差はあるでしょうけれど、サラッと次に向かうことのできる人もきっといらっしゃることでしょう。筆者はそうは行かなくて同じ堂々巡りを繰り返していたものですから何年も経ってしまいました。

筆者と同じような人のヒントにでもなればいいんじゃないかな。考えて書いていきますね。

 

なかなか脱することのできない底なし沼に沈んでいくような感覚、とでも言えば合っていますか?

 

たぶん、多くの死別を体験してしまった人たちにとって、大きな大きな疑問なのではないかな。と思うものですから、何かの参考になればと自分の思いだったり考えたことをつらつらと書いておこうかな。

 

では、、、

ちなみにここは《やもめの第三段階》とも言えるようなところから書いているので死別の心理考察のような記事が多くなると思いますよ。

ついでに《やもめの第三段階」というのはほぼ全ての足かせや軛、楔やしがらみから開放された段階とでもご理解くださいね。

妻の仕事が看護師さんだったものですからナースとしての仕事や恋愛などに関心がありましてさらに具体的な考察関連カテゴリーとして【ナース147】を書開始しました。

看護師・ナースさんが好きなんです。
看護師(ナース)さんが大好きな男やもめ筆者のたわごとかもしれなませんが、いろいろと書いてみたいのです。
やもめの心話(第1段階)

ここは、40代前半で妻を亡くした夫のブログ

遺されたものの疑問、若すぎな死だったのかな? 若すぎたのかどうかはわからない、世間で「若すぎだ。悲劇だ。可哀想だ」 どうなのだろう? 確かに40代の前半よりは人並みの平均寿命を全うできて80代、90代まで夫婦...
癌妻追憶(ナース147)

「なんで分かってやれなかったのかなぁ・・・」健常者には分からない病人の気持ち

ふと思いついたことがあって書きとめておきます。 思うに、病気をしたことのない人には病人の気持ちはわからない。 それを理解、、、つまり分からないことを分かって欲しいのが看護とか介護の世界の人であってそのための学習をしたうえで試験をへて資格を...