第一段階:やもめの心話(死別者が考えがちなこと)

第一段階:やもめの心話(死別者が考えがちなこと) やもめの心話(第1段階)沈殿編

死別の第1段階

やもなく《やもめ》になってしまった我々が、その{成り立てやもめ}の「どうせ私はやもめ」という負の心境からどう脱出してただの独身に戻るか?

「時が解決してくれるから・・・」は間違いない。放おっておいても解決できる。それでよければそれで良い。

 

ただ、筆者《やもめのモアイ》が思うには、かなり苦しい、人によってはすべてを捨てたくなったりもする。自ら無くしたくなるのである。もういらなくなる。ときに自分の命さえも捨てようとする人もいるだろう。

 

ということが結構大きな課題だったするわけで、そう考えるということは心のどこかで、もしかしたら自分の生を全うしたいという魂の本能のようなものかもしれない。

ここはその苦しい時期にいる方への何らかのヒントになるかもしれない事柄を、つらつらと、書き綴っているのです。

 

その上で第2段階に進むことができたなら《やもめのモアイ》は嬉しく思うことだろう。

死別の第一段階から離脱していく

家族のそれも夫婦の片翼である配偶者を亡くした人間のひとりとして死別直後からのやもめとしての心境の変化であったり、欠けてしまった魂の修復がなされるまでの年月(人によって、数年から十数年かかるのだろう)の間にもう一度、前に向かえるようになるまで(そうでなければ少し気持ちが楽になるまで)のヒントのようなものを提供したいと考えたカテゴリーであります。

 

分かりにくい文章になってしまうことも少しクドくなってしまうこともあるかと思うけれど、どうせもう時間に余裕を持って読んでもらってもよい《その後》になってしまったことを認識するためにも、じっくりと読んでほしい。

少なくとも筆者は、おそらくは、あなたと同じく、人生のパートナーを人生の半場で亡くした者だ

 

あなたの時間はまだ続くのだ。

否が応でもね。

 

やもめの心話(第1段階)沈殿編

死別して気になりはじめたこと

  神の前で「死が2人を分かつまで」と誓愛した女性、子を何人も生み育ててくれた妻が死に至りいろいろなことが変わったのだけれども、いくつか気になったことがあるものだから、思いつくたびに追記していきたい。 いったん逝ったらもう戻らないこ...
やもめの心話(第1段階)沈殿編

ここは、40代前半で妻を亡くした夫のブログ

遺されたものの疑問、若すぎな死だったのかな? 若すぎたのかどうかはわからない、世間で「若すぎだ。悲劇だ。可哀想だ」 どうなのだろう? 確かに40代の前半よりは人並みの平均寿命を全うできて80代、90代まで夫婦...
やもめの心話(第1段階)沈殿編

過去に起きた事実は変えられないが・・・

家族を亡くした罪悪感や喪失感もそこから考え直してみなさいよ。ちょっと世界が変わって見えてくるよ。
やもめの心話(第1段階)沈殿編

[持病とうまく付き合う]一病息災という考え方が気に入っている。

筆者、「病は警告!」と書くことが多い。 だからこの「いまやもめもやまい」というカテゴリーもそのまま続けてもいる。   一病息災という考え方は、 人間ひとつくらい持病を持っていて、その病に気をつけながら日々を送るくらいのほうが長生きできるも...
訃報、葬儀と供養とお墓の話

《生前戒名(法名)》子孫に負担をかけないように生きてるうちに付けちゃおう、、、

生前戒名(法名)という言葉が使われいるかどうかで各宗派の取り組みが分かります。生きているうちに自分の戒名なり法名を手に入れておくことで子供たち世代に負担をかけないことも可能ですね。
訃報、葬儀と供養とお墓の話

【人生重要事項記録ノート】あの瞬間から始まった。葬儀のことで知らないと先に進めない必要事項もあるもので・・・

モアイなりに当時を思い出して、または忘れられない葬儀という人間最期のセレモニーについて記録しておきます。 あなたは自分の宗派をご存知ですか? 日本の伝統的な仏教の宗派としては、華厳宗、法相宗、律宗、真言宗、天台宗、日蓮宗、浄土...
訃報、葬儀と供養とお墓の話

お葬式とは誰のため?どんな葬儀にしてあげたいの?

モアイにはあのときに喪主を務めながら頭の片隅にずっと疑問があって、葬儀、お葬式というものはいったい誰のものか? ということで、私の頭の中では、生前の女房の笑顔ともに、もういないのだ。という確認作業を何度もしながら「立派に送ってやらね...
やもめの心話(第1段階)沈殿編

こんどは萩原健一さんが逝ったのか・・・何かどんどん順番が・・・

つい最近だったと思うのだけど西城秀樹さんの訃報でちょっと驚いて書いた覚えがまだあるのだ。 こんどはショーケン。 なんか近づいてきているような・・・あと10年? 20年ある? それほど年齢も変わらない人で知って...
やもめの心話(第1段階)沈殿編

孤独死とはなにか? 葬儀とはなにか?

半分夢の中で、あの人のことを思い出していた。 孤独死について書いておきたい。と、ふと今朝の目覚めの時に脳みそがはっきり目覚めるまでに考えた。 忘れないようにとメモを取りながらあ、そういえばそれに続く葬儀のことも書いてお...
訃報、葬儀と供養とお墓の話

ちゃんと葬儀のことも書かなくちゃね

やもめの話のブログなんだからちゃんと葬儀、通夜とかお葬式、供養な話も書かなくちゃ・・・ そんな思いになったとある事件がありましてな。ただいま執筆中でありまする。 ちょっとだけまって!