いまやもめもやまい「病は気から」それとも警告?・・・

いまやもめもやまい「病は気から」それとも警告?・・・いまやもめもやまい

人は進化の過程で様々に病気を患い、故障する。

その病は内蔵の機能低下でいままでの栄養摂取や毒素の分解など処理不全であったり、または身体の骨格を維持、運用していく機能が疲労することで低下し故障していくこと。

糖尿病のような生活習慣病や加齢による骨格の異常は、異常とは言えないのだろうとも考えられます。老化による当然の症状であって、我々はそういった症状を受け入れ上手に付き合っていく覚悟が必要なんじゃないでしょうか。

 

昔、100年単位で起きてくることのなかった機能不全が多々出現するのが現代なのでしょう。それは人類としての社会環境の変化であったり進化への過渡期の減少なのかも知れないな。なんて考えたりもしたりして、《やもめのモアイ》としてはそういう病や故障とは上手くつきあっていくしかないのではないかなと考えてこのカテゴリーを運営しております。あなたの持病に沿う記事がありましたらご参考にしてくださいませね。

病はやっぱり警告なんじゃないかと・・・

病は警告だと《やもめのモアイ》は考えるようになりました。

私が血圧と血糖値の異常で緊急入院したのも、彼女が癌に冒されて死の床についたのも警告なんじゃないか?

彼女の病は癌だったけど、「あなたはこのままだと死にますよ」という警告で、わざわざ本人に教えてくれているのかも知れない。などと考えるようになり、私の場合には「あなたはこのままの生活を続けるのならば最後は足を切断することになって、やっぱり死にますよ」と警告されているのではないかいな。といまでは考えています。

アマゾンに行くとこういう本が沢山みつかります。

特にこういう考え方をオススメするつもりはないのですが彼女の癌を看続け、さらには私の持病を観察してきますと、なにやら兆候のようなものがわかるようになりまして・・・

 

ここではそんな話をちょこちょことしたいな。と

 

いまやもめもやまい

[持病とうまく付き合う]一病息災という考え方が気に入っている。

筆者、「病は警告!」と書くことが多い。 だからこの「いまやもめもやまい」というカテゴリーもそのまま続けてもいる。   一病息災という考え方は、 人間ひとつくらい持病を持っていて、その病に気をつけながら日々を送るくらいのほうが長生きできるも...
いまやもめもやまい

病は警告!、老化は個人の選択だね。

そう思うのだ。 いくつになっても変に若々しいひとがいる、もういい年なのにも関わらず、だ。 きっとおそらくだけれど、筆者もそう見えるらしい、もしかしたらあの時から時間が止まっていたのかも、10年ほどは得をしているのかも、、、どうも若く見え...
いまやもめもやまい

つまりは患者側としては医者のレベルは一定ではないことを見極めることも必要なのだ

先日、医科大学の不正入学問題が世間に晒された。 起こしたのはその父親官僚。 もうクビになって逮捕らしい。 犯罪であろうに、どうしてこう起こすのかなぁ、見つからないと思うんだろうし「俺様がやれば大丈夫!」なんて自信に満ちあふれていた...
いまやもめもやまい

亜麻仁油って・・・

オリーブ油ってのは最近良く使うのだけど、亜麻仁油ってのは恥ずかしながら初めて知りました。いまテレビ「今でしょ」を見ていてね。 脳がどうの血管がどうのって、、、糖尿病には興味をそそられるので、メモ代わりです。 早速探しに行...
いまやもめもやまい

足立さん怖い!!「そうなんだ糖尿病患者は簡単」なんだね。

これが本当のところなのであれば同じ持病を抱えるものとしては「女は怖い」という話なのである。 でも、どうだろ、自分の娘に殺されるのであれば、それまでの人、として納得しても良いかもね・・・どうですか? ここの...
いまやもめもやまい

最後の最期に後悔しない、例えば自分は70歳を過ぎてからの癌治療をどう考えるだろう?

病気は警告なのだ ときたま考えてみるのであるけれど、これはその人その人によって「生きる」という意味や「人生」の意義をどう考えるか全く違うだろうから、本当は課題にするのも憚るような問題だけれど、どうも考えてしまうのだ。 ...