『心の喪が明けるまで』やもめが再婚を考え始めたときにどうぞ

『心の喪が明けるまで』やもめが再婚を考え始めたときにどうぞやもめ再婚考

筆者《やもめのモアイ》としてはやもめの再婚、、、ありだと思います。

でも、、、筆者自身も激怒したことがあって・・・

一周忌のときだった、「あなたももまだ若いんだから・・・」とそういう話だ。子供たちの一番下は4年生か5年生くらいのころですね、これからどうやって生きていこう、と少し考えがそっちに向きかかってきたころでした。

「あなたもまだ若いんだから・・・」

「あ~~!、だから何だよ!!! 確かにまだ44歳だよ、だからなんだよ」

タイミングってホント大事なこと。もちろん心の声ですけどね、私のためを思って言ってくれているのは重々承知なんですけどね。

でね、あれから何年かたってですよ、やっぱり頭の中に「また・・・」って考えるようになるんですね。やっぱ寂しいからね。

考えちゃうんです。そういうもんなのだろう、と思います。

いま思うに、それでいいんじゃない、それこそ、人間だもの、なんですね。

で、考えたのはこのブログに書いていくことは、それで良いのかな?ってね、考えるんです。

私の場合ですが妻との死別が若い頃だったものですからそう思うのかもしれません。残り半分の人生を独り者で過ごすのもなんだと思いましからね。

やもめ 再婚》で検索すると・・・ちょっと嬉しい。

 

おそらく様々な理由があるだろうし、

やもめになった年齢にもよるだろう。

夜、独り寝が寂しいという理由だって良いのだ。

きっと文句をつけたい死別直後のやもめさんもたくさんいるだろうなぁ。

でも、それでも書くよ。場所変えてね。

 

もう一度どこかの誰かと一緒に暮らし始めたい・・・そう考えられるようになったということは、良いことなのだ。

誰がなんと言おうと良いことなのだ。

きっと、どこか、なにかを突き抜けた。ということだ。

次、を考えられるようになったのだ。

良いことだ。

 

やもめだって再婚しても良いのだぞ。

やもめの寡婦さん、寡夫さんの心の喪が明けたなら再婚のことを考えてもよいのだよ。普通の人と何も変わらない。再婚のことを考えることに罪悪感をもってしまう自分がいるだけの話だね。ほんとうは一周忌とか3回忌とか関係ないのだ。

いやその昔、昔のことであれば、「あのお宅、奥さんが亡くなって寂しい思いをしていらっしゃるだろうからどなたかご紹介しましょう」などという話はザラにあったのだ。

後添えとか後妻ということだ。

女性の場合は未亡人ということで年齢にもよるかと思うがそういう話はあったものさ。

《やもめのモアイ》はそう考える。

それは、あなたがなにか壁のようなものを乗り越えたということのs号名だからだ。

ここではその時その時に思いついたやもめの再婚について短文でも書き足しているけれど上記のリンク先はもう少しじっくり書きたいときにまとめて書いている。

筆者の経験からのやもめが再婚を考えるときの注意しておきたい再婚観。

しかし、正直を申し上げると筆者本人はそれほど再婚に執心しなくなっていて、「まぁ、より良い人がいれば・・・」と考えていて別に結婚しなくってもその方が良ければ人生の終盤戦を一緒に面白おかしく生きていければそれで良いかな。

とも思っていてそれほど結婚に拘らなくなってきているのであります。

 

それよりもやり残したことを片付けたい。という思いのほうが強くなっているのだなぁ。終活というわけではないのだ。

持病を持ったときにはあと数年かな?と予測していたのだが、どうも環境が変わって、どうやらあと最低でも10年?その時までは2,30年はありそうなので「もう1回やったろ!!」目標ができてしまったのです。

最近はね、、、そのため、、、

「男と女」としての男女のほうが興味津々なのです。

いろんな人とお付き合いをしてみたいなって・・・

まぁ、筆者スケベですからな。

やもめから独り者へ・心の喪が明けたなら・・・

やもめさんの心境がちょっと進むと、改めて独り者の寂しさとか孤独感が募るのです。

そんなときに考えてしまうのは後添いのことであったり、再婚ということなのです。

「よくネット上で散見されるのは死別後何年したら再婚してもよいのか?」という疑問です。

《やもめのモアイ》としては3回忌が終わったら良いんじゃね?と思います一周忌だとちょっと、世間が許さないかもなぁ・・・そんな感覚でいます。

ただし、自分の心の中で生前のあの人との別離がしっかり整理し終わって様々な後片付けが終わっていたなら、この限りではあるまい。とも考えています。

どうぞお元気で・・・

 

ここで別途ブログ書いているのは同じく筆者《やもめのモアイ》です。
この話は少し分けようと考えました。

404 NOT FOUND | ヒトリミドルシニア金数学
40歳~60歳から始める、あと40年人生考。困って、悩んで、調べて、欲して、やってみて、考えてみた・・・いまウラシマ的未来考

 

やもめ再婚考

やもめ再婚のコツ!? をつらつらと・・・年代別考(令和元年5月編集)

「それでいいんじゃないか?」と思うようにもなり、「もしもいい人がいたならば結婚というものを考えても良いかも知れないね」とそれほど興味がなくなってきている。いなければこのまま生涯やもめでも結構だ。そんな心持である。
やもめ再婚考

やもめだって人間だし、また誰かと暮らしたいと考えたりもするものさ

夫(妻)がその人生のパートナーを何かの形で失ったときから始まる苦しみからいつか抜け出すことができたなら、「また誰かと幸せに暮らしたい」と考えたりもするものだ。当然な心の動きだ。 筆者としてはより詳しく思うところを発言したいものだ。と...
やもめ再婚考

やもめの再婚は、ゆっくり歩き出せば良いんだよ

「悩み」と簡単に言いますけど、そんな簡単に言ってんじゃねえよ!!とお怒りの方もいらっしゃるかも、でもお伝えしておきますと《やもめのモアイ》も同じですよ 自分にとってもっとも身近な人間を喪ったのですからその悩みと言われるものは、深いんで...
やもめ再婚考

やもめの再婚は世間様が許さない!!かもしれないけれど・・・・

かもしれないよ。というお話。 だからといって世間様と結婚するわけでもないよ。と言う話でもありまして・・・私たちやもめは普通の別離、離婚とは全く別の別れ方をしたが故に高い高いハードルを超えなければいけなくなりました。 大切な人に先立たれた人間...