過去に起きた事実は変えられないが・・・

第1段階《奈落》やもめの心話(死別直後~三回忌)

確かにそのとおり、

「過去に起こってしまったことの事実は変えられない。

妻を亡くした私の事実は変わらない。

ここに読みに来る人はそういう人が多いだろうけれど、もう一歩進めて考えてみてほしい。

 

過去にすでに起こったことは変えられないけれど、解釈を変えることはできるのさ生き残っている人間が考えればよいのだ。

 

極端に言ってみれば「それは必然だった」のかも知れない。

そのことがあったからいまの貴方がいるのだし私がいるのだよ。

あれからの自分をよくよく観察してみるといろんな様々な考えが理解できるようになってきて少しぐらいの世の中の理(ことわり)も分かってきたのではないだろうか?

じゃあ彼女の死は必然だったのか? と問われるとそこまでの確信はないけれど、そうなのかもしれない。慌てなくてもだんだんに分かっていくのであろう。ことは理解できる。

 

家族を亡くした罪悪感や喪失感もそこから考え直してみなさいよ。

ちょっと世界が変わって見えてくるよ。

 

 

がんばりな。

ではまたね。

このブログが初めての方へ

ここは、40歳前半で大切なパートナーとの死別を余儀なくされたやもめのMoaiが 一度は沈んだ沼の底、ほんとうにすべてを無くしました。正直を言いますと「すべて自分で捨てたんです」(そのうちこのブログのどこかで書きます)

それでも、ゆっくりじっくりでもあきらめないで浮上すること。たとえ何歳でも、です。

で、今の管理人Moaiがいるわけです。

 

大切なことはそれは故人があなたに切に望んでいることではないでしょうか

 

あの人がもういない世の中、面白くもなき世の中を、希望を持って、または面白がって楽しんで歩き始めることをあの人が望んいるのです。

そんな筆者の方法、ヒントを読者さんに、、、

 

少しは寡婦寡夫さんのお役に立つかも・・・というか当人の気持ちを一度は体験したであろう者として、今度は少し助ける側に立とうかな、そしたらちょっと嬉しいから、、、そんなブログです。《筆者:死別やもめのMoai》

第1段階《奈落》やもめの心話(死別直後~三回忌)
つれづれに やもめのまんま つらつらと