ここに書かれていること

ここに書かれている記事の内容は世間様の話題に対して筆者《やもめのモアイ》個人意見の範疇で書いております。

あくまでも、世間という大河に投じられた一つの小石の波紋に対して筆者が感じたことを「歯に衣着せぬ」心の声を書き殴っている記事、とお考え下さい。

《やもめのモアイ》は、男未亡人、寡夫として世の中を斜に構えて視ている者であります。あくまでも参考までに、妻を亡くした変な奴の妄言とご了解くださいませね。

電波オークションは賛成ですよ

昨今のマスメディアはあんまりだと思うの。

過去に勝ち取ったのであろうけれどその権益の上にどっかり座り込んでしまって、公平という言葉を忘れてしまっている。

なにが「報道しない自由」だ。

ならば、報道を受け取る側の我々だって「知っておきたい本当のところ」を見つける方法を模索することがフェアだろうな。
そんな国民の声が政府に届き始めてる証拠だと思うよ。

森と加とか今回の安倍首相のインド訪問の様子とか?

その「本当のところ」を見つけられたのはネットからだったよ。

モアイ、思うんです。

歴史の真実ということを鉄塔鉄扉追及したいとは思わないんです。

怒られるかもしれないけれど、「本当のところ」はどうなの?ってことは知っておかないとイザというときに相手に言い返せないじゃないですか。

麻生さんの発言を覚えていて、隣国に行ったときに「その国にはその国の歴史認識があるんですから・・・」のようなこと訪問国の大統領に発言して、顰蹙を買っていたらしい。
この言葉から、過去の真実は真実として知っておきたいところだけれど、それを喚き散らすだけでは生きづらいだろうなぁ、と思うんです。ですから現在を生きている我々は、あくまでも「本当のところ」は「私たちは知っている」という態度でいたほうが良いんじゃないかな。って思うようになったんです。

人間て教育しだいだと思うんです。

小さいときから「日本人は悪いやつらだ日本人を殺せ」と育てられた人々は罪悪感を持つこともなく実行するような人間がボロボロ出来上がるのですよ。
楽ですからね。教わった通りに生きる。ってね、あんまり自分の頭で考えることしないから、どっか異様です。

そういうのが日本国内にたくさん入り込んできてなんやかんややりだしたらたいへんな問題ですよね。いやすでに問題は大きくなってきて、なにも教わっていない日本人も「なんか変だしなんかヤバいよ」気が付き始めた訳ですね。モアイもその口ですよ。

そういうヤバいものを避け続けているマスメディア、とにかく現政権を攻撃していれば視聴率も売り上げが良い、からだけで傾きまくった報道をしている勢力は売国奴だとか言われても仕方がないでしょうよ。

視ている人間の質でしょ!!ってこともひとつの言い分になるかもしれないけれどね。年代によって全く認識が違うということ、若い世代であればあるほど、信用されていないマスメディアの寿命も見えてくる。

そんな劣化というよりも陳腐化が合っていると思うのですが、そんなテレビ業界であるならば国民の財産と言われる電波を公平な競争の中においてオークションしていくのならば、賛成だな。

あとNHKの処遇もちょっと考えた方がいいと思う。本当に日本の公共放送なんですか?って感じることが多くなってきましたよ。ここもなんか変ですよ。変態犯罪も多いし・・・

すでに狙っている企業も多いことでしょうよ。
その意味での変化って楽しみじゃないですか♪

どんなテレビ番組が見られるようになるのかってね。

ではまたね~、いつも好き勝手書いてます。
そうそう、好き勝手に書くことにしているから個々の人名は出さないようにしていますよ。
(必要なら出すけどさ、、、醜くて・・・)

そういえば、涼しくなってきましたね。とくに夜が・・・全館空調ってこの時期が弱点なんでしょうね、たまに温度調整が追い付かないです。こっちの身体も追いつけなくならないよう気を付けています。

なんで?を見つけることができた本

なぜか?を見つけた本

死別後というのは、バランスがまったくとれない足場の悪い巨大な《?》という文字のてっぺんに乗っているようなもの、なぜ? なんで? どうして? 疑問ばかりだ。

その疑問、少しずつで良いのでこれからの自分の人生から取っ払っておきたいと思ったときにオススメする。

その他の死別の本

大河に一滴

《大河に一滴》を初めて読んだそのあとに♪

本当はこのテーマだけでひとつのサイトを形成できる。と考えているモアイですが、いまはもう少しここに間借りさせていただきますよ。

もう一つの案件が落ち着くまでなのです。


ちっとは子供たちに良い世界を遺してやろうぜ!

そういうことだ。哀しみはもう十分だ。

誰が汚したのか、どの世代がやっちまったのか?そんなことはどうでも良い。我々がいなくなった世界が少しでも、ちょっとでもいいから気持ちの良い時代になるようにしていくことが、いまを生きて思考し行動できる世代の責任なんじゃないか?って思うのだよ。後世に名なんか残さなくてもいい、今を生きている私が私らしくできることをやって逝く。

来世はあるかもしれない、ないかもしれない。どっちにしてもこの世は今生の1回しか生きられないのだから楽しんで、面白がって、最期まで行ったろ♪

って思うんだよ。

だから、この《大河に一滴》は続けるよ。

この方たちはきっと大河に1万滴も落としてくれているね。

特に「米中激戦」ってトムクランシーの米中開戦を思い出した。「日米開戦」「米朝開戦」もあったりするんだよ。あれもなんかリアルだなぁ戦争ってこうやって起きるのか~って感じたもの。なかなかだ。

そう考えるとね、丹念に冷静に世界情勢を視ている人たちの分析ってすごいと思っているのさ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする