そうそうネット上のデマって・・・

徒然に熟々と

なんかのニュースで読んだんですけれど、「ネット上のデマを規制する」とかなんとかで新聞協会?(間違っていたらごめんなさいなんですが)が総務省に要請したとかしないとか。

感想なんですけど、「遅いなぁ、遅れているなぁ、自分たちは絶対正しいみたいな認識なんだろうなぁ?」って。

デマとか捏造とかをネットで規制しようなんてのは「蟷螂の斧」みたいなものではないかなぁ、と思うのです。

それにデマが流れるのはネットばかりの話ではなくてリアルな世界、現実の世界でも多々垂れ流しているじゃないですか? なんとかかんとか新聞とか。

 

だから結局は個々人でフィルタにかけつつ判断し活用していけば良い話であって、そこまで情報を絞り込んで抑えるのは単に新聞やその他オールドメディアの売上のためなんじゃないの? と邪推しますわ。

さらにはリアルな世界とかネットの世界とかもうごっちゃになっていて区別して表現するのは遅い、遅れているのではないかと・・・

ネットも現実リアルな世界の一部ですよ。これを止めるにはネットにEMPの電磁パルス攻撃でもして電子機器を壊滅させるしかないのでしょうよ、っと。

 

ではまたね。

 

 

〈追記〉世界は沸騰し始めているのにね。

周辺諸国や中東のきな臭さが日本にもあのTsunamiのように押し寄せてきているのに日本のオールドメディアも野党も与党でさえもある特定の国に阿っている人々も焦っているのだろうけれど、世界は大きくうねり始めていることだけはド素人の日本人にもわかるもので、もう批判したり中傷、蔑んでいる段階ではないのだろなぁ、と考えるわけでございます。

で、そう考える日本人はその人口の大多数だろうなぁとも考えるわけでね。政権支持率が如実に表しているのです。