いまだから考えてしまう、あの病のあの話

病気っていったいなんでしょうね。

もしかしたら「病は気から」がけっこう当たっているんじゃないかな。って思うようになっていて、それは、本人の気というか気持ちの持ちようということではなくて、どっかに死のスイッチみたいなものがあるんでないか?

いくらポジティブに前向きに生きている人でもある瞬間にフッと気が抜けてしまうのかもしれないし、本当は運命というもので決まっていて、どうにもならない宿命寿命みたいなものなのかもしれない。

それこそ、この世に生まれてくるときに何歳に・・・と決めてきているのかもしれないね。

そういう人を送る役目が自分にはあったのかもしれない。

そんなことをたくさん考えるじゃないですか、その後ってね。

やもめってね。

何か理由見つけたい。

何かの理(ことわり)を理解したい?

そういうことある。

バンバン毎日考える。

いっぱい考えたらいいのだと思う。

時間いっぱいあんだからさ。

不思議な話も面白いなぁ。

病Cancer Feed

《やもめのモアイ》が体験した病の話

    • 気をつけなはれや!発ガン性物質18/04/23 いまやもめもやまい
      “  大韓航空がまた物議、今度は第1級の発がん性物質で機内を清掃 http://news.livedoor.com/article/detail/14618253/   だそうだ。 第一級って? もとも…”

    • あなたの病人の身体に触れるということ…18/04/23 いまやもめもやまい
      “自分の体験から考えます。   手の平の力って何かある。 人間というのは身体に触れるだけで、何らかの癒やしを体験できものだなぁ、 子供がどこかに身体をぶつけた時に、痛いよ痛いよと泣く。 そんなときにどうしていた?……”

    • お見舞いは、頑張れ、ではなく・・・…18/04/19 いまやもめもやまい
      “確かに私は患者である我妻から聞いたことがあります。   お見舞いに来てくださった方が帰り際、「じゃぁ頑張ってね」 帰ったあと、彼女「これ以上何を頑張れって言うのよ」   社交辞令で言っているのか? そ……”

    • フッ!と気が抜ける瞬間に病魔に入り込まれる…18/04/17 いまやもめもやまい
      “そんな気が少ししているモアイであります。   年齢や生活の環境、段階によって人というのは気が抜ける瞬間があってそんな時に病魔に入る込まれるのではないかな? って思うんです。   けっこう心配や不安が最……”

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする