捨て鉢を拾ってくると・・・

一応、捨て鉢にはならない。って上の方に書いているのですけど、実は一度捨て鉢にはなったな。自暴自棄というかもうどうでもよくなった。というかね。

それでも、まだ生きているし、、、

捨てた鉢を拾ってきましたぁ(笑)

そしたら少し大きくなったように思いますぅ。

重くなって、なんか頑丈になったみたいですぅ。

自分、勝手にそう思っています。

良いのです、人から見た目なんてどうでも良いです。

いままでどれだけ、さんざん、どうしようもなく、ガチガチに振り回されてきましたから、もういいです。

大丈夫です(いらないという意味で)

はい、

それがこのブログです。

はい。

ではまた。

なぜ死別したのか?

なぜか?を見つけた本

死別後というのは、バランスがまったくとれない足場の悪い巨大な《?》という文字のてっぺんに乗っているようなもの、なぜ? なんで? どうして? 疑問ばかりだ。 その疑問、少しずつで良いのでこれからの自分の人生から取っ払っておきたいと思ったときにオススメする。 その他の死別の本

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする