な~んだ、希望の第二民進党だったのか

もちろん希望の党公認候補の過半数を占めているのは今だけだろうとは思うけれど。。。

おそらく落選続出でという予測はつくのだけれど、その予測がついていたとしても最初から過半数を許してしまうのは持参金の最大値をかき集めるための方便なの?

元民進党のほうは、俺たちが過半数だぜ、みたいな強気になっているのだろうけれど、どれだけ当選するか見ものだけど、新党のほうの当選数次第なんだろうけれど・・・それもちょっと。

関心は持つことにするけれど、興味はもうなくなった。

そんな感じがする。

モアイは、

もうちょっと、新党としてどんな矜持を持って立ち上げたのか、を察したかった。

た~だ、いたずらに、

消滅しかかった烏合の衆が、あっちで「わぁ~」こっちで「うぉ~」と騒いでいるだけでブレブレにしか見えないよ。

残念!

あとは維新しかないじゃない。

自民党はべつに支持していないんだってば・・・

ただし、安倍政権は支持するよ。

ではまたね。

《あとがき》

この選挙後に希望の党がそれなりの議員数を確保し維持することができたら、そして、いまこの騒ぎの裏で粛々と選挙運動を続けている自民党が一定数を確保して、もしこの2党で3分の2を超すようなことになったら今度は公明党の去就が取りざたされるようになるんだろうね。

いまは、そっちのほうが関心が大きいのだよ。