【日本人を舐めて怒らせたツケ:放置するだけの自民党は支持しない】二重国籍問題は立候補したときにしっかり国籍条項を運用しないから

モアイは細かいことは分からない。

しかし、細かいところまで学習ししっかりとした見識の下に発言する人を探すことはできる。

ただただ騒いで日本人を恫喝して黙らせようとする人の声はでかいだけで聞く耳は持たなくても、もうよい。そう思っている。何を言っているのか何が言いたいのか、理解できない。

「お前がバカだからだよ」と言われるのなら、もうそれで結構だ。

できるだけ理解しようと努める時期は終わった。と考える。なんにでも期間があるものだ。もう締め切りは過ぎた。

彼らはどんどん理不尽になっていく。彼らに残されているのは武力闘争しかないのだろう。

準備をしているかもしれない。

今回は、

二重国籍問題を放置しておくことでどんな未来が予想されるのか

を考えていきたい。

日本という国の政治家が他国の国籍を持ち続けていても平気で政治ができる。という状態は侵略の始まりでしかない。ということだ。

今後、20年、30年とたてば、いやもう一世代分70年たって、また日本人が愚かな選択をしてしまうときが来るのかもしれない。

その時に、他の国籍を持っている人間が移民法を緩和しどんどん他国の人間、同朋と言ってもいいだろう人々を100万、200万と日本国民にしてしまったら、その時点で日本人は終了だ絶滅させられる。

そうすることが可能になるということだし、実際にかの国に侵されて絶滅の危機に瀕している民族の例があるだうよ。

こういう二重国籍問題を放置しても日本人は大丈夫、などと思い込んでいるような人どういう思考をしているのかな。疑問だ。

「そんなこと起こるわけないじゃん」というのであれば、それこそ尖閣侵略をどう説明するのだ。お人よしもいい加減にしないとあなたの子孫が存在しなくなるよ。

のほほんとした日本人の眼に初めて認識され見つかった二重国籍。

彼女は国会議員という公職にあるにもかかわらずこの問題を曖昧なままで、バカな日本人が忘れ去るのを待っていたのかもしれない。と想像している。

これ第一歩なんだよ。本人はそこまで考えていないかもしれない。自分にとって都合が悪いから単にあがいて拒否しているだけなのかもしれない。

悔しいのかもしれないし恥ずかしいのかもしれない。

彼女の過去の発言を聞いてみると、けっこう本気で日本人が嫌いなのかもしれない。

それは彼女の個人の問題、思想、信条なのかもしれん。

しかし、、、だ。

だからこそ、二重国籍のままで日本の国会議員になぞ、なるべきではなかったし、ましてや日本の政党のトップになるなどということは考えが浅はかすぎだ。

モアイがごときがその危険性に気が付いたのであれば、もっと多くの賢い日本人が気が付かないわけがない。そう確信している。

典型的な因果応報だ。

今回は良い機会だ。日本人が警戒しないと危険だと気が付ける。

二重国籍問題を抱えている政治家は、本当はもっともっといるかもしれない。

イナゴのように雲霞のごとくかな。怖~い!

すでに侵略は始まっている。。。てな。

あの民主党政権ができたときに、近隣のかの国の人々が大喜びしていたとかいないとか・・・

そういう人たちは敏感だ。

民主党は甘い、名前を民進党に変えただけでもう関係ない。なんていうお粗末な思考だ。甘い・・・「よしそこに入り込んでやれ」そう考えた他国からの指令があったかもしれない。

あの政権時代からの政治活動や国会運営をみていればよくわかることは、やり方が同じ。ということ、かの国とね、同じだよ。

そういう人たちが多いなぁ・・・ってな。

だからこの政党はもう終わりだよ。どこかで書いたけれど、あと1,2回の選挙で終わる。

これが数年前は「ん~あと3,4回もかかるかなぁ・・・?」と言っていたのだ。

近づいてきているよ。

これを差別だとかなんだとか言い募るのであれば、おそらく【日本人はある覚悟】をすることになるのだろう。

私はそう思うよ。

彼女は近々、説明すると発表したらしいけれど、本当に実際に発表するまでは信じてはいけない。

もし発表したら続きも書くつもり。

では。

今日は、このブログに移ってきたところにこのジャンル?で書きたいことが多くなってしまった。本当はやもめのブログなのだが・・・やもめ、よりもモアイが先に出てしまった。

何かを亡くし、もう無くして困ることがなくなってしまった人間だから、言いたいことは書くよ。だからここに来たのだ。

ここにこそ相応しいのかもしれん。と思っておる。

二重国籍問題・・・なんだ発表しないらしいですよ。

たぶん、この政党の中でいろんな魑魅魍魎同志の闘いが起こっているんでしょうね。

別に国籍が正確にわかる書類があるのであれば、戸籍には拘りませんよね。

どうしてあ~いうふうに偉そうに話すんでしょうね。

まぁ、いいんですけどね。

「あ~やっぱりな」って感覚ありましたもんね。

やっぱ似ているよ。

政党そのもですよね。

突っ張って突っ張って崩壊するまで、意地張ってるんだよね。

で、最後に「私のせいじゃない、日本人が悪いんだ」

たぶん言い放つかもなこんなふうにも、

「お前ら日本人の民進党員も悪い、お前らのせいだ。私をしっかりサポートしないからこんなことになったんだ」

そんな感じ?

あのグダグダ感。

どっちにしてももう浮上はできないよ。

もともと期待していて、これさえちゃんとしてくれれば信用できるって考えているわけでもないしね。

どうでも良いことなんだけど、選挙で潰れるのは間違いないわ。

あれなんだっけ、次の選挙?

比例でしょ。

トップを降りちゃうと比例から外される可能性があるんじゃないの?

そうなると間違いなく落選だろうね、ネットも黙っていないでしょうからね。

もしかしたら、発表をしてしまうと、大きな影響を受ける人々がたくさんいるのかもしれない。それこそ身内からの妨害が凄まじいのかも、下手をすると暗殺レベルの恨みをかってしまうのかもしれないし、今まで甘く見ていたことが命にかかわるような危険が潜んでいることに気が付いたのかも。

もうひとつは、発表をするということは代表を降りなくてはいけない状況になって、比例代表とかの名簿にいれてもらえないことになる?

じゃなかったら、逮捕? の危険もあったりして、八方ふさがり? 四面楚歌?

だとしても、これこそ典型的な自業自得、因果応報というやつじゃないでしょうかね。

なんかね、せこい考えなのかも、前にもあったじゃない。

あの時の総理が「私を辞めさせたかったらあの法案を通せ」みたいな恥知らずな延命策を計って今も一応国会議員でしょ?

あとね、選挙に立候補したときにしっかりと国籍条項も含めて縛りをちゃんとやっていないからでしょ?

それって選挙管理委員会の問題なの?

それとも政権政党が長期にわたる自民党の不作為なの?

役人がしっかりやらなかったから?

それともどっかの勢力が絡んでいるの?

そのへんだろうな。

今後、いや今度こそしっかりやってほしいのだ。

日本人を護る気が本当にあるのか?

民間にばかり任せきって成果もあげられないお前たちに何か価値があるの?

国に仕える公僕でしょ、国に仕えるということは日本人に仕えるということだよ。

それさえもできないで、出会い系バーに通うだけの事務次官とかね、どこが仕えているっていうの?

だからそんな時間に翻弄されてガタついてまた政争に入ろうとしているだけの自民党も支持できないのだよ。

そういう話だと思うのだ。

日本人は身内に厳しくすべき、という格言なのか、民族性を勝手に解釈したのか分からないけれど、日本人だって我慢の限界はあるんだよ。って話。

とモアイは思うのだけど、これからの展開をまた注目していよっと。